自分が惹かれる色にどんな意味があるのか、知っていますか?


惹かれる色

普段何気なく選んでいる色。みなさんは、好きな色を選びますか?それとも、流行の色を選びますか?
今年の流行はネオンカラーや、エメラルドグリーンですが、街中を行く人のファッションを見てみると、案外、自分の好きな色を身にまとう人が多くみられます。みなさんも、どうしても目が行ってしまう色、いつの間にか集まってしまっている色があるのではないでしょうか?
一体なぜなのか。色にはどんな意味があるのでしょうか。効能と、意味を簡単にお教えします。

☆色のイロイロ

赤…情熱の赤というように興奮、攻撃の色として知られていますが、逆にとらえれば、元気を出したいとき、勝負のときには赤を持ってくるといいでしょう。
ピンク…やすらぎ、愛、幸せを象徴とする色とされています。幸せいっぱいの人、もしくは欲している人が身に着けます。
青…激しい気持ちにさせる赤の対極の青は、気持ちを落ち着かせる効果があります。鎮静、浄化の効果があります。
紫…昔から、紫色は特別視されてきました。興奮の赤、冷静の青が混ざった色
なので、バランスを取りたいとき、ストレスを感じてしまっているときに身に着けます。
黄色…やる気、元気の色など、希望にあふれたイメージです。ユニークさや、ユーモアの色でもあるので真剣な場には不向きです。
緑…信号の色でもあるように、安全、安心の色です。なぜかというと、明るい楽しい色の黄色と、冷静、鎮静の色の青が混ざった色だからです。動物たちが緑の葉っぱを食べるのも、安全だからと分かっているからです。

☆普段の生活にカラーの効果を取り入れてみる

色の効果や及ぼす影響は様々ですが、難しく考える必要はありません。ただ、惹かれる色、あると落ち着く色を身の周りに置けばいいのです。
例えば、あまりカラフルな色はファッションに取り入れずらいと感じる方は、まず、下着から色を取り入れてみたらいかがでしょうか?
本当は、ピンクが好きだし、惹かれるんだけど、私には似合わないし、恥ずかしい。そんなときに、インナーとして取り入れましょう。下着の色も、体に影響があるとのこと。是非、好きな色、体が欲している色を生活に取り入れて、体と心にピッタリなcolorfulな日々を過ごしましょう。