今が勝負!夏の終わりのスキンケア


夏の終わりは肌がカサカサ乾燥したり、なかったはずのシミができていたりといった変化が表れる季節。なぜなら、肌は約1ヶ月ごとに皮膚の下の細胞が押し上げられていく形でターンオーバーを繰り返しています。つまり夏の終わりは、春~夏にかけて紫外線の影響を受けてメラニンを溜めこんだ細胞が、肌の表面に出てくるのです。
そこで今回は、夏の終わりにするべきスキンケアについてご紹介しましょう。

 

スキンケア

 

■夏を過ごした肌は疲労困憊

夏に肌がストレスを感じる原因は様々です。

○紫外線によるダメージ

皮膚は紫外線が奥に入るのを防ごうとするため、皮膚の表面の角質が厚くなり、新しい肌とうまく入れ替わらなくなります。

○UVカット化粧品によるダメージ

夏の間、毎日のようにつけていたUVカット化粧品も、しっかり落とせていないと肌へのダメージになります。それらの化粧品に含まれている成分が紫外線によって活性化し、シミやクスミの原因となっていることも。

○暑さや寒さによるダメージ

一歩外に出るだけで汗をかいてしまうような暑さが続いていましたが、汗をかくことでバイ菌が増加するということも考えられます。一方、冷房が効きすぎた室内では乾燥状態に陥るため、肌には大きなストレスとなっているはずです。

 

■酵素洗顔で角質をケア

一夏を過ごした肌は、角質が厚くなり、ターンオーバーのリズムが大きく乱れてしまっています。そこで、徹底的なクレンジングで角質をケアし、正常なターンオーバーに戻せば、シミやクスミの原因であるメラニンは角質と一緒に排出されていきます。

毎日の丁寧なクレンジング、洗顔に加え、角質ケア専用の洗顔アイテムを取り入れましょう。
おすすめは酵素が配合された洗顔料。酵素は水と混ざるとタンパク質を分解する作用があるため、肌に負担をかけずに角質を取り除いてくれます。
酵素洗顔料は、まずメイクを落とした後の濡れている肌に直接のせ、マッサージをするように広げていきます。そして水かぬるま湯を加えて泡立て、通常の洗顔料と同じように顔全体を丁寧に洗います。
洗顔後の保湿ケアもいつもより丁寧に行いましょう。古い角質が取り除かれた肌は美容液が浸透しやすく、とても気持ちが良いです。

 

いかがでしたか?
肌が荒れると美容液などで保湿することに手間をかけてばかりになってしまいますが、夏の終わりは角質ケアが重要です。古い角質を取り除いて、潤いが隅々まで行き届く肌を手に入れましょう。