ベジタリアンとも違う「ヴィーガン」でヘルシーな食生活☆


ヴィーガン

皆さんは「ヴィーガン」という言葉をご存知ですか?
ヴィーガンは菜食主義と訳します。つまりは、食事から動物製品を排除する生活様式の一種。
日本ではあまり知られていない言葉ですが、今回はこの「ヴィーガン」についてまとめてみました!

■ベジタリアンとヴィーガンの違い

皆さんもよく知る“ベジタリアン”。こちらは訳すると菜食主義者。
肉、魚を摂らず野菜と果物や乳製品を主食とする人たちのこと。
いっぽうヴィーガンとは?

簡単にいいますと、肉・魚だけではなく乳製品・卵も食べない人たちのこと。
野菜、果物のみ。
外国ではわりと知られた思想なんだそうです。

■ヴィーガンの有名人

◎アンハサウェイ
◎アヴリルラヴィーン
◎キャメロンディアス
◎サンプラザ中野

などなど。ベジタリアンで知られている芸能人はわりといますが、流石にヴィーガンは少ないみたいです。

■ヴィーガンを試してみよう!

本来、宗教的な考えや思想からヴィーガンを行っている人が多いのですが、私たちは普段の野菜不足をおぎなうため、また体質改善やダイエットのひとつとして、気軽に初めてみてもいいのではないでしょうか♪

ただ、上記にもある通りヴィーガンとは“完全菜食主義”。卵も牛乳もつかえないのです。
自炊で献立を考えるのもそうですが、なにより苦労するのが外食。
日本にもヴィーガン専用のレストランが何件かあるそうですが、かなり少数。
それ以外のごはん屋さんで気を付けなきゃいけないのは出汁(だし)。
和食は野菜や大豆をおおく使っているのでヴィーガンむきかと思いきや、和食ではほとんどの出汁をカツオ節で取っています。完全菜食としてはカツオ出汁もNG。
もちろん煮干しもです。

しかし
いくら体質改善といっても、食事は楽しく美味しくしたいもの。
無理のない範囲で上手にヴィーガン思想を摂り入れて、ヘルシーな生活を送ってみてはいかがでしょうか♪