制汗剤の使い方間違ってない!?真夏のワキガ対策


あなたはワキの臭い対策としてどのような制汗剤を使っていますか?
ドラッグストアなどに行けば、様々な香りの制汗スプレーや汗ふきシートが販売されていますね。最近では、臭いが強い男性向けの商品も増えました。
しかし驚くべきことに、これらの商品を正しく使いこなせている人はほとんどいないと言われています!
そこで今回は、制汗剤の効力を存分に発揮するための正しい使い方をご紹介します。

 

ワキガ対策

 

■臭いの元は汗ではなく雑菌

まず、ワキガが臭う原因は汗ではありません。汗と一緒に出てくる成分や、繁殖した雑菌が臭っているだけなのです。
制汗剤は、汗腺の汗孔を防ぐことで汗が出ないようにするものなので、あまり使いすぎると体温調節機能に影響を及ぼします。ワキなど使う場所を限定し、週に2日くらいのペースで制汗剤を使用しない日を設けると良いでしょう。

 

■臭いケアは入浴後がベスト

先ほど述べたように、汗をかくと臭いが発生するのは、汗のせいで繁殖した雑菌が臭うからです。つまり、汗をかいてから制汗剤を使っても、臭い対策としての効果を発揮できません。朝家を出る前に使用している人が多いと思いますが、寝ている間にも菌は繁殖するので、すでに手遅れなのです。
制汗剤の効力を最も発揮させるためには、入浴後に使うのがベストでしょう。風呂上がりに制汗剤を使うことに違和感があるかもしれませんが、継続して使うと、消臭効果を実感することができるはずです。

 

■あなたにぴったりな制汗剤はどのタイプ?

自分の体臭の強さに適した制汗剤を使うようにしましょう。

【体臭自己判定法】

「耳垢がどれくらい湿っているか」で、体臭の強さがわかります。綿棒で耳の中を一度だけ擦ってみてください。

(A)キャラメルが溶けた時のような耳垢がつく
→強い臭い
殺菌作用の強い塩化ベンザルコニウムが入った製品を使いましょう。軟膏タイプやスティックタイプ、殺菌効果の持続時間が長い「銀」が配合されたものをおすすめします。

(B)綿棒が湿った状態になるだけ
→ 中度~軽度の臭い
フェノール等のマイルドな殺菌剤が配合された製品を使用しましょう。スプレータイプで充分です。

(C)乾燥した耳垢が付着する程度
→非ワキガ
ワキガが臭いにくいタイプなので、消臭作用のあるウェットシートで軽く拭くだけで良いでしょう。

 

菌が臭いの元になるからと言って殺菌しすぎると、逆に菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。また、複数のデオドラント剤を重ねて使用するのも、同様に菌の繁殖を招きます。肌ではなく衣類の消臭機能を高めるなど、制汗剤に頼り過ぎない工夫も必要です。