ダイエット中も食べたい!太らないアイスの食べ方


夏は暑くて食欲がなくなってしまい、アイスや冷たい飲み物ばかり摂取してしまうなんて方もいるのではないでしょうか?
そのせいで甘いものの摂り過ぎになり、ご飯を食べる量は減ったのに結局太ってしまった・・・なんてことにならないように、太らないアイスの食べ方をご紹介しましょう!

 

太らないアイス

 

■種類を確認してカロリーや脂質に注意!

アイスを買う前に、まずは種類を確認しましょう。

◎アイスクリーム……乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上
ハーゲンダッツなどのプレミアムアイスクリームは、乳固形分や乳脂肪分が特に多く含まれています。

◎アイスミルク……乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上。
乳固形分と乳脂肪分は少ないものの、牛乳と同じくらいの栄養分を含んでいるものも多いです。

◎ラクトアイス……乳固形分3%以上。
『植物性脂肪』が多く使われているため、意外に高カロリーです。

◎氷菓……氷に糖液を混ぜて凍らせたもの。
アイスクリーム類とは食品として区別されており、比較的カロリーが低いです。

さて、アイスの種類を把握した上で、「おすすめのアイス」と「控えたいアイス」は以下の通りです。

【おすすめアイス ベスト3】
1.フルーツソルベ
2.アイスミルク
3.アイスクリーム

また、ソフトクリームも空気の量が多いので比較的安心して食べられます。

【控えたいアイス ベスト3】
1.ラクトアイス
2.かき氷、氷菓(練乳入り)
3.コーンカップ

ラクトアイスには植物性脂肪が含まれているため、要注意です。2位のかき氷や氷菓はシンプルなものであれば問題ありませんが、練乳やシロップをたっぷりかけすぎるとプレミアムアイスクリームより高カロリーになってしまうこともあります。

 

■食べる時間は午後~夕食前

お菓子と同様に、食べても太りにくい時間帯は午後15時~18時です。お風呂上がりやお酒を飲んだ後にアイスを食べたくなる気持ちもわかりますが、ダイエット中であれば、この時間内に食べるようにしましょう。

 

■サイズの小さいものを選ぶ

ダイエットのストレスを溜めないためにも、自分が好きな味のアイスを食べても構いませんが、小さいサイズのものを選びましょう。とくにマルチパックで販売されているアイスは、ダイエット中に適したサイズです。

 

いかがでしたか?
このポイントさえ押さえれば、夏でもアイスを我慢せずに済みますね!