疲れにくい!ハイヒールの履き方をマスターしよう


ハイヒールをかっこよく履きこなす女性って憧れますよね。カツカツ音を立てながら、すらっとした脚で歩く姿は、ハイヒールだからこそ見せられる魅力です。
しかし、ハイヒールを履くと疲れますし、むくみの原因にもなります。自分の足にフィットしていなければ、靴擦れを起こすことも。
そこで今回は、ハイヒールをかっこよく履きこなす方法をご紹介します。

 

ハイヒール

 

■ハイヒールの魅力は美脚効果

ハイヒールの一番の魅力は、なんといっても美脚効果です。脚が細く長く見えるだけでなく、シルエット全体が細長くなるので小顔効果ももたらします。
さらに「ハイヒールを履くと気分が凛とする」と、心理的な効果を感じている女性も多いそうです。ハイヒールを履くことで、自然と女性らしい所作ができるようになっているなんて方もいるのではないでしょうか?

 

■自分の足に合ったハイヒールを選ぶ

ハイヒールによる痛みを防ぐためには、まず自分の足に合ったハイヒールを選びましょう。
◎履いたときに足の甲に圧迫感がない
◎足にフィットしている
◎かかとに痛みがない
◎足先が自由に広がる
◎つま先が痛くない
この5点に当てはまるものを選ぶと良いでしょう。

慣れるまではピンヒールなどの安定感のない靴は控えて、なるべく幅が広くヒールの高さが5cm程度のものからチャレンジすることをおすすめします。
また、歩いている時に足に力を入れなければならない靴は、サイズが合っていないと考えられます。自分の足に合うサイズをお店の人に確認してもらい、『歩きやすさ』を重視して靴を選びましょう。

 

■グッズで痛みや靴擦れを解消

市販のグッズを使って、ハイヒールによる痛みを防げます!

【メイク用のコットン】

土踏まずに両面テープでとめるだけで、つま先にかかる体重が拡散され、足の指の傷みを防げます。

【インソール】

100円ショップなどで売っているインソール(靴の中敷き)を、自分の足に合うようにはさみでカットして、両面テープで固定して使いましょう。

【靴底に貼るクッション】

靴底への刺激を和らげることで痛みを軽減させます。靴の外側に貼るので、足の甲が圧迫されることもありません。

 

いかがでしたか?
ハイヒールをかっこよく履きこなすためには、これらのポイントを押さえた上で、姿勢の良い歩き方をマスターしなくてはいけません。
普段、靴底の擦れ方が左右で違うという人は、自分の歩き方を見直してみましょう。