タイ料理に使われる“あの食材”のもたらす美容効果とは・・・?!


美容効果

皆さんタイ料理はお好きですか?ハーブの香りと、甘味と酸味と辛味が合わさったような独特な味付けは、女性のみならず男性にも人気ですよね♪
実はこのタイ料理でよく使われる食材“パクチー”と“青パパイヤ”にはたくさんの美容効果があることをご存知ですか?
今回はこの二つの食材がもたらす“キレイ”について詳しくお話ししたいと思います!

■パクチー

コリンアンダーとも呼ばれているせり科の香草。
香りが独特で、タイ料理が苦手という人はだいたいこの“パクチー”がダメというケースが多いほど、タイ料理には欠かさない香草です。

パクチーはデトックス効果が高く、体内に溜まった毒素を外へ排泄してくれます。
また、パクチーは抗酸化作用も高い香草。
老化をすすめてしまう原因と言われる活性酸素の生成を抑え、細胞の新陳代謝を促してくれるので、アンチエイジングが期待できます。
さらに、ビタミンCやカルシウム、鉄などの栄養素を豊富に含んでいるため、美肌づくりにも最適♪

■青パパイヤ

パパイヤの有効成分は、成熟する前の“青パパイヤ”に最も多く含まれています。
青パパイヤに含まれる酵素の量は、成熟したパパイヤの10倍にもなります!

そしてビタミンCが豊富で、他の食物に含まれるビタミンCよりも熱に強いという特徴を持っています。
クエン酸、食物繊維なども豊富に含んでおり、まさにパパイヤは体をキレイにする成分の宝庫といえるでしょう!

そしてパパイヤには、パパインという、タンパク質を分解する酵素が含まれています。
このパパインの力を利用して、果汁を洗顔液に使うこともできます。

やり方としては、果汁を顔に塗って3~5分たったら、ぬるま湯できれいに洗い流すだけ。
これを毎日つづけると、肌の脂がとれて、なめらかになってきます。
オイリー肌の方におすすめです!。

タイ料理に多く使われるパクチーと青パパイヤの効能をお分かりいただけたでしょうか。
皆さんもおいしく食べてキレイになっちゃいましょう♪