ブーツだけじゃない!夏こそ足の臭いケアをしよう


夏だからと言って開放的な気分になって素足でパンプスを履く女性が多いですが、きちんと「臭いケア」はできていますか?靴の中がムレムレの状態のまま1日過ごし、家に帰ってきたら鼻が曲がるようなツーンとした臭いとご対面・・・なんてことになっている人もいるのではないでしょうか。
「足の臭いを他人に嗅がれる機会なんてそうそうない」と油断せず、日頃から臭わない足をキープしましょう!

 

臭いケア

 

■ジメジメが臭いの元に

私たちの足の裏は、1日で約コップ1杯分の汗をかいていると言われています。通気性の悪い靴を履いていると、汗で足が蒸れたままになります。本来、足の汗は無臭ですが、足の裏の雑菌と混ざり合うことで、鼻につく強烈な臭いを生み出すのです。

 

■日頃から簡単にできる臭いケア

◎指の間は石鹸でしっかり洗う

きちんと毎日入浴しているつもりでも、意外と足の指と指の間をしっかり洗えていない人が多いものです。油脂分を落とす効果が強い固形石鹸で、指の間を手でやさしく洗いましょう。洗い終わったら、水気を拭き取ることを忘れずに。帰宅後すぐに入浴できない人は、デオドランドクリームを塗るだけでも違います。

◎小まめに爪を切る

足の爪が長くなると爪の間にゴミがたまりやすくなり、真菌・細菌が発生しやすくなります。手の爪と同様に、足の爪も小まめに切るようにしましょう。

◎通気性のよいソックスを履く

臭いの原因となる汗や湿気対策のために、通気性の良い靴や、綿素材のソックスを履きましょう。とくに5本指ソックスは、指の間に汗が溜まらないのでおすすめです。また、毎日同じ靴を立て続けに履かないなどの注意も必要です。

◎脂系の食事はできる限り控える

肉や乳製品のような脂っこい食事は脂質の分泌を増やすため、足の汗もかきやすくなります。足の匂いが気になる時は、できるだけ避けるようにしましょう。

 

■消臭スプレーが臭いの元に?

足の匂いを防ぐための消臭スプレーは、あまり効果が長続きしません。パウダー入りのものは、最初は汗を吸ってくれますが、再び汗が出てくるとパウダーがダマになり、そこから発生した雑菌が匂いの元になってしまいます。あまり消臭スプレーに頼らないようにしましょう。

 

いかがでしたか?
どんなに髪や身体から良い香りがしても、足が臭ければ幻滅されてしまいます。今までケアを怠っていたという人は、足にも細かな気遣いをするようにしましょう。