自分に似合うスタイルが骨格診断でわかる!?


流行りの服を着てみても、モデルさんとは全く違う印象になってしまうことを『太っているせい』だと思い込んでいませんか?
人の体型は「太い」と「細い」だけで分類できるものではありません。それぞれ骨格や筋肉の付き方が異なるのです。そのタイプによって、似合う服は全く変わります。
それではさっそく「骨格診断」をして、どのような服が似合うのか見てみましょう!

 

骨格診断

 

《骨格診断・最も当てはまる項目が多いのはどのタイプ?》

●ナチュラルタイプ

・関節が大きい
・身体がしっかりしている
・身体の割に手足が大きい
・脂肪がつきにくい
・骨太で筋っぽい体つき

ナチュラルタイプの人は、胸元がゴツゴツした印象になりがちなので首周りはあまり開けない方が良いでしょう。家着のようなシャツやロングカーデなど、ゆったりとしたカジュアルな雰囲気のデザインが似合います。
☆おすすめアイテム☆
チノパン/カーゴパンツ/サルエルパンツ/ダメージジーンズ/タイトスカート/ストレートスカート/ロング、マキシスカート/綿や麻、毛などの天然素材

 

●ストレートタイプ

・ヒップや胸部などが立体的でメリハリがある
・筋肉がつきやすい
・お腹から太る
・腰が張っていて腰の位置が高い
・チュニックを着ると太って見える

ストレートタイプの人は、ボディにインパクトがあるのでシンプルで上品なスタイルが似合います。Yシャツのようなきちんとした服装や、胸元が大きめにあいたTシャツ1枚など余計な装飾のない服をセクシーに着こなすことができるでしょう。
☆おすすめアイテム☆
カーゴパンツ/ブーツカットパンツ/ストレートパンツ/バギーパンツ/タイトスカート/ペンシルスカート/シルク/カシミヤ/レザー

 

●ウェーブタイプ

・胸部が薄く、華奢な印象
・首が長い
・全体的になだらかで平べったい体つき
・七分袖やパフスリーブが似合う
・首元にボリュームがあるスタイルが似合う

ウェーブタイプの人は、レースやリボン、フリルなどがついた女性らしいデザインの服を着こなすことができます。身体が薄いので、胸元はあまり開けずにボードネックのものやネックレス、ストールなどで首元をカバーしましょう。
☆おすすめアイテム☆
スキニーパンツ/キュロット/カプリパンツ/サブリナパンツ/フレアスカート/プリーツスカート/ティアードスカート/バルーンスカート/シフォン/ファー/モヘア

 

これまでの自分の服装と比べていかがでしたか?
単に流行に合わせるだけでなく、この『骨格診断』の結果を今後の服選びの参考にしてみてくださいね!