あなたもやっているかも?人前でやると嫌われる癖


何気なくいつもしているクセやしぐさはありますか?
自分では意識していなくても、そのしぐさが周りの人を不快な気分にさせていたり、自分が嫌われる原因になっていたりします。
そこで今回は、人前でやると嫌われる癖についてご紹介しましょう。

 

癖

 

人前でやると嫌われる癖

■髪を触る

よく見かけますよね、髪を指でクルクルする女性。髪をいじる癖は「集中していない」「わがまま」「不潔」といった印象を与えてしまいます。髪を触る癖のある人は欲求不満だという説もありますし、やめた方がいいでしょう。

■貧乏ゆすり

落ち着きのなさをアピールする癖の代表格です。「育ちが悪い」「飽きっぽい」印象を与えます。静かな場で少しでもしてしまったら、その人の評価はかなり落ちてしまうことでしょう。本人にとってはイライラや緊張感を緩和させる行為だとしても、周囲の人の神経も逆立ててイライラさせてしまうということを意識していれば、やめられるはずです。

■脚・腕を組む

相手を見下している、退屈しているサインと言われています。

■肘をつく、頬杖をつく

肘をつくということは、背筋が曲がっているということです。また、頬杖をつくとやる気を感じられず、相手の話に退屈している印象を与えてしまいます。社会人のマナーとして、肘をつかないよう心がけましょう。

■爪を噛む

噛んでギザギザになった爪では女性失格です。何か心に不満があると爪を噛んでしまうことが多いそうなので、不幸な女の象徴とも言われています。
爪を噛むことが癖になってしまっている人は、ネイルアートやマニキュアなどでオシャレをして、噛みたくなくなるような爪にしましょう。

■ペンを回す、カチカチ鳴らす

会議などの真剣な場にカチカチ音が響き渡ると、周りの人も気が散ってしまい、迷惑になります。

■ストローや箸を噛む

噛み傷のついたストローや箸は、見られたら恥ずかしいですね。同様に鉛筆を噛む癖がある人もいますが、甘えん坊で子供じみた印象を与えてしまうのでやめましょう。

■指をさす

相手に指をさすのは大変失礼です。指をさすことは、相手に指示をし、強制していることを意味します。指をさす行為自体が相手を見下していることになり、不快感を与えてしまうのでやめた方がいいでしょう。

 

いかがでしたか?
1つでも思い当たる癖があったら、今すぐ直す努力をしましょう!