いま流行りの「ノンシリコンシャンプー」結局何が良いの?


ノンシリコンシャンプー

最近、ノンシリコンシャンプーが流行っていますよね!
ヘッドスパなどに興味を持つ人も増え、時代はいま、身体を思いやりながら美しくなるということに関心が深まっているようです。
人気を受け、種類も増えたいま“ノンシリコンシャンプーって結局何が髪に良いの?”を、改めて考えてみましょう!

■シリコンが良くないワケ

そもそもシャンプーに使われているシリコンは、髪を洗うときに指通りを良くするためのもの。
シリコンはコーティング剤の一種ですから髪に皮膜を作る性質があります。
なので、シリコンが髪や頭皮にはりついて毛穴が詰まる、などといった問題が出てくるそうなんです。
穴をふさぐことで、髪が抜けやすくなったり、細くなったりします。
フケやカユミ、ベタつきや臭いなど地肌のトラブルの原因もシリコンであることが多いです。
また、パーマがすぐ落ちたり、カラーが入りにくい人はシリコンが原因という可能性もかんがえられます。
シャンプーのパッケージ裏の成分一覧にある、ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンなどはすべてシリコンの一種です。

■ノンシリコンシャンプーを試してみよう!

今や、ドラックストア―などでも手軽に買えるノンシリコンシャンプーですが、お値段はどれも少し高め。一般的な従来のシャンプーの3倍~5倍なんてザラです。

だからこそ「高いから安全だろう」と決め付けてしまいがちですが、ここで注意したいのが、シャンプーはノンシリコンでも同ラインのコンディショナーにはしっかりシリコンが入っているものが多いんです。
ですので、上記したシリコンの成分をチェックしたり、お店の店員に聞くと安心です。

健康的で美しい髪のために、皆さんも“ノンシリコンシャンプー”を試してみてはいかがですか♪