逆効果!?あぶらとり紙を使いすぎるとニキビができる

あぶらとり紙

化粧をする女性であれば、あぶらとり紙を常備しているという方が多いと思います。化粧崩れを防ぎたい時や顔のテカリを抑えたい時にはとても便利ですよね。
しかし、必要以上にあぶらとり紙を使って皮脂を取ってしまうと、逆効果でニキビができやすくなってしまうことをご存知でしょうか?
今回は、あぶらとり紙に関する正しい知識をご紹介します。

■あぶらとり紙の使い過ぎでオイリー肌or乾燥肌になる

そもそも皮脂は、肌の水分が飛ばないようにするなど、肌を守る働きをするために出ています。それを拭き取ってしまうこと自体、肌に良くないことなのです。
あぶらとり紙を使うと皮脂だけでなく、肌に必要な水分までも取ってしまいます。すると、肌は再び皮脂を出します。
「あぶらとり紙で拭き取る」→「肌が皮脂を出す」→「あぶらとり紙で拭き取る」→「肌が皮脂を出す」→・・・
これが繰り返されることで、肌は常に皮脂を出すようになってしまい、結果的にオイリー肌になってしまったり、逆に皮脂腺がうまく機能せず乾燥肌になってしまったりします。

また、あぶらとり紙を使いすぎることで皮脂が失われた肌は、とても無防備な状態です。外的ダメージを受けやすく、ニキビなどの様々な肌トラブルが発生しやすくなってしまいます。

■自分に適した使用頻度を決める

あぶらとり紙は使ってはいけないものではありません。皮脂はしばらく放置するとただの汚れになってしまうため、ある程度取り除く必要があります。つまり、適度に上手に使用することが大事なのです。

あぶらとり紙を使用する際は、優しく押し当てて、少し間を置いて紙繊維が脂を吸い取ってくれるのを待ちます。同じ部位には1日1~2回といったように、自分の肌に適した使用頻度を決めましょう。

最近のあぶらとり紙には、パウダー付きのものや脂分が多い男性用など様々な種類があります。その中から自分の肌に合ったものを、一度探してみるといいかもしれません。

また、あぶらとり紙でなくティッシュを使うのも有効な手段です。化粧水かきれいな水を少し含ませたティッシュを利用すると良いでしょう。

きちんと保湿されている肌は、皮脂が過剰に分泌されることがないため、あぶらとり紙を使用する必要がありません。
これを機に、今までのスキンケア方法を見直してみてはいかがでしょうか?