肌がツルツルになる顔の産毛の剃り方

産毛の剃り方

女性にとってムダ毛の処理は面倒なものです。しかし、脇の下や手足など目に見えるムダ毛の処理はしても、顔の産毛には無頓着な女性もいますね。
顔の産毛を剃ると、肌がツルツルして化粧ノリもよくなります。顔色も明るくなりますよ。でも、注意して剃らないと、肌を傷めてしまいます。顔ですから傷なんてつけたくありませんね。
顔の産毛をキレイに、安全に剃る方法を紹介していきましょう。

■正しい産毛の処理の仕方

●産毛は何で剃ればいい?

まず、顔の産毛を剃る道具選びをしましょう。安全カミソリ、電気シェーバーなどがあります。一番肌に負担をかけずに処理ができるのは、自分でコントロールできる安全カミソリです。ただ、カミソリ負けしてしまう人もいるので、カミソリで肌が赤くなったり、ヒリヒリする場合は、電気シェーバーを使ってみましょう。
安全カミソリは、顔用の小さいものを選びましょう。T字カミソリの方が使いやすいという人は、T字カミソリを選びましょう。

●産毛を剃る準備

産毛を剃る前に、乳液かクリームを塗ります。カミソリのすべりをよくし、肌に負担をかけないようにするために必要なことなので、何もつけないで剃らないようにしてくださいね。中には、石けんの泡などで剃る人もいますが、それは肌を乾燥させやすいので、乳液やクリームなどがおススメです。

●産毛を剃る時のコツ

肌に負担をかけずに剃るには、毛の流れに沿って剃ることが大事です。顔の中央から外に向かって、また上から下に向かって剃るようにします。
力を入れずに、軽くすべらすように剃るのが、肌を傷めないコツですよ。
唇の下から顎にかけてなど、意外と産毛は生えているものです。剃り残しがないように剃りましょう。
眉毛の下や周りもキレイに整えると、眉を描く時にもキレイに描けますよ。

●剃り終わった後のケア

剃り終わったら、保湿をしっかりすることが、ポイント。保湿クリームや美容液をたっぷり塗って、肌を乾燥させないようにします。

●産毛を剃るメリット

顔の産毛を剃ると、顔のくすみも取れて、顔のトーンが明るくなるだけではなく、余分な角質も取れるので、肌が柔らかくなります。ファンデーションののりもよくなりますよ。化粧もくずれもしにくくなります。

●こんな時は産毛剃りは延期

顔にニキビができている、肌の乾燥がひどい、風邪をひいている、体調がよくない、などの時は、産毛剃りはしないようにしましょう。
体調が悪い時や、肌が弱っている時に産毛を剃ると、もし傷をつけた時に化膿しやすくなり、治りも遅くなります。
また、肌がツルツルして気持ちがいいからと、2~3日おきくらいに剃るのも、肌を傷め、肌を乾燥させる原因になるので、1週間程度は置いてから、剃るようにしましょう。