凸凹肌もなめらか肌に。ファンデーションをムラなく塗るコツ

ファンデーション

クリーミーファンデーションを使っても、パウダーファンデーションを使っても、ムラがあると、顔に影ができ、キレイな肌に見えません。ファンデーションをムラなく塗ることで、美人度はさらにアップします。シワや吹き出物の跡があっても、それを隠すファンデーションの塗り方のコツを紹介しましょう。

●スポンジを使う

ムラなくファンデーションを塗るには、ファンデーションに付いているスポンジではなく、ひし形のスポンジを使うことです。薬局などに行くと、さまざまなカタチのスポンジがありますが、ひし形のものを選ぶと、使いやすいですよ。

スポンジの使い方のコツ

スポンジを使って、叩きこむように塗ることが大事です。伸ばすのではなく、ポンポンと肌に軽く乗せていくようなイメージで、塗っていきます。特に目尻などのシワが目立つ部分を伸ばすように塗ると、かえってシワが目立ってしまいますので、軽く叩きこむように塗るのがコツですよ。
また、ムラをなくすことにおいて必要なのは、塗る部分によってファンデーションの量を変えることです。顔は部位によって、よく動く所と、動かない部分があります。
目元や口元、額はよく動く部分ですよね。この部分は少し控えめにファンデーションを塗ります。
目の周りや小鼻の脇はスポンジの角を使うと、塗り残しがなく、キレイに仕上がりますよ。

●シミの部分はコンシーラーを

さらに、シミがある部分はファンデーションの重ね塗りをしてしまいがちです。そうするとムラになりやすいので、シミやニキビ跡には、コンシーラーを塗ることで、ファンデーションの重ね塗りを防ぎます。

さらにムラを失くすには

さらに、ファンデーションのムラを失くすには、下地をきちんと塗ることです。下地をていねいに塗って、肌になじむまでちょっと一息。その上でファンデーションを塗っていきます。下地を塗ってすぐにファンデーションを塗ろうとすると、肌につきにくいし、ムラになりやすくなります。
ファンデーションを塗った後は、最後に両手の平で顔を包み込むようにおさえます。そうすることで、ファンデーションが肌になじみ、崩れにくくなります。

●フェイスパウダーの効果

仕上げにフェイスパウダーを使うと、ムラが目立ちにくくなり、肌のトーンも明るくなりますよ。できるだけ細かい粒子のフェイスパウダーを使えば、透明感のある肌になります。粒子の荒いものは、キラキラしすぎて、オフィスでは不向きなので注意しましょう

●スポンジのケアも重要

また、スポンジはこまめに洗う、もしくは替えるなどして、常にきれいで清潔なものを使うようにしましょう。
使い続けていると、スポンジはファンデーションで固まって硬くなります。それがムラの原因になったり、肌を傷める原因になってしまうのです。