足痩せのために絶対してはいけないことNG集


足痩せのNG集

もっと足を細くしたい、もっとメリハリのある足になりたい、と思っている女性は多いでしょう。しかし、食事制限のダイエットだけでは、足は細くならないし、運動も方法を間違うと、筋肉のついたたくましい足になってしまいます。
足痩せは一筋縄ではいきません。
さらに、足痩せのために、と思ってやっていることが、実は足痩せにとっては逆効果だった、ということもあります。
それでは理想の足にはなれませんね。
そこで、足痩せのために絶対してはいけないこと、を挙げてみましたので、自分の生活や足痩せのためにしていることを、今一度振り返ってみてください。

◎足痩せのために絶対してはいけないこと

●座りっぱなし、立ちっぱなしの1日

足が太い、という原因の一つは足のむくみです。
むくんでいるということは、血行が悪くなっている証拠。そのままにしておくと、リンパの流れも悪くなり、脂肪が固まってセルライトになっていきます。セルライトになってしまうと、自分の力では治せません。
そうならないうちに、むくみを解消すること、足をむくませないことが必要です。
1日中座りっぱなし、立ちっぱなしの生活は、足に血液が溜まり、むくみやすくなります。1時間に1度は簡単でいいので、足首を動かしたり、立ち上がって、ストレッチをしましょう。
また、家に帰ってお風呂に入り、足をマッサージしましょう。その日のむくみはその日のうちに解消することです。

●足に合っていない靴

足に合っていない靴を履いていると、足に負担がかかります。サイズの合っていない靴や足に痛みを感じる靴を履いていると、歩き方もおかしくなり、それが足の形を悪くさせることに。
足もむくみやすくなりますし、血行も悪くなります。
また、ヒールの高い靴が足を太くさせるとは、一概には言えません。ヒールは足を細くする効果もあるのです。ただし、自分の足に合ったヒールを選ぶことが必要です。

●正しくない歩き方

歩き方が正しくないと、通常使うべき筋肉が使われず、他の筋肉を使って歩いていることになります。それは姿勢を悪くする原因にもなり、足の形を悪くする原因になります。
歩く姿勢が悪いと、いくらマッサージをしてもダイエットをしても、足の形はキレイになりません。
反対に、歩き方を正しくするだけで、足が細くなることがありますよ。

●運動をしない

運動をしないと、足の筋肉が衰え、しっかりと歩けなくなります。正しく歩くこともできません。むくみの原因にもなります。
激しい運動をする必要はなく、ストレッチやヨガなど、体をほぐす運動が大切です。

●冷たい飲み物を飲む

水分を摂取することは重要です。しかし、冷たい水やお茶、アルコールばかり摂っていると、体を冷やしてしまいます。
体が冷えると血行が悪くなり、便秘の原因にもなります。それは足痩せにはとてもよくないこと。
飲み物ばかりではなく、食べ物にも注意しましょう。野菜サラダなど生野菜ばかり食べていると、体を冷やす原因になります。痩せたいなら、温野菜を摂ることが必要です。