侮るなかれ!その虫刺されの跡、シミになっちゃうかも?

虫刺され

夏になって、日焼けと同じくらい気を付けたいのが“虫刺され”。
実は、虫刺され跡がシミになっている人も多いんです。
いくら美白を目指して頑張っても、虫刺され跡がポツンとそこにあるだけで台無しになってしまうかも?
そこで今回は、虫刺され跡を残さないための術をいくつか紹介します!

■虫刺され跡が残るのはなぜ?

虫に刺されて皮膚を掻きむしると、そこに細菌が入り込んで二次感染をおこします。
そして、その二次感染時にそのまま放っておくと、跡が残ってしまいがちなんです。
また、掻かないように気を付けていても、数日後に黒くなって現れるということもあります。
では、どうしたら良いのか。
ズバリ、刺された後の正しい対処法が重要になってくるのです!

■虫刺され後にやってはいけない行動

・掻きむしる
・爪で押す
・叩く
・あたためる

虫刺され跡をつくる最大の原因は、皮膚への刺激です。また、あたたかいと血行がよくなりかゆみが増してしまうので、夏場の虫刺されは特に掻きむしってしまわないように注意が必要です。
かゆみ止めをすぐに塗り、なるべく触れないようにするのが一番。

■虫刺され跡ができていまったら

以上のことを気を付けていても、出来てしまった虫刺され跡は一体どうしたらいいのでしょうか?

虫刺され跡に有効なアイテムを紹介します!

◎バイオイルについて

バイオイルは、角質深層部まで浸み込む保湿用の美容オイルです。色素沈着や傷あとを薄くする効果がありますので、過去の虫刺され跡が気になる人も試してみてください。

◎馬油について

馬油は、肌の角質まで浸透し、傷や痛んだ組織を健やかにしてくれます。敏感肌の人でも使いやすいです!

◎ビタミンCについて

掻きむしって色素沈着をおこしてしまっている肌には、内側からのケアも効果的です。
メラニンを排出し、美白効果のあるビタミンCを積極的に摂るようにしましょう!

虫刺され跡は、年齢を重ねるごとに消えにくくなっていきます!しっかりとした対策とケアで、いつまでも綺麗な肌でいたいものですね♪