「恋する乙女は美しい!」医学的に考えてみた


女性ホルモン

「恋をすると女性はキレイになる」といいますよね!
とはいえ、その理論には今までこれと言った根拠もなく、どこか迷信めいていましたよね。
しかし実はこの話は思い込みや迷信ではなく、医学的に実証することが可能なんだそうです。
今回は、この女性の恋と美の関係についてお話したいと思います♪

■女性とホルモンについて

女性は恋をすると実際身体に変化が起こってきます。これは意識的にダイエットに励むだとか、そういったものではなく、本能的に起こる変化なんです。

では、恋をした女性の体には何が起こっているのでしょうか。

まず恋をすると、恋愛のホルモンとも呼ばれているPEA(フェニルエチルアミン)というホルモンが分泌します。このPEAが、女性らしく美しい外見に変わっていくために欠かせない代表的女性ホルモンの“エストロゲン”の分泌を促します。
エストロゲンには肌の美しさを維持する効果もあり、それも、女性が恋でキレイになると言われている一つの理由です。

■ドーパミンでキレイに!

恋をすることで分泌されるとして挙げられる物質が、PEAやエストロゲンの他にもう一つあります。それがドーパミン。

ドーパミンとは快楽を伝えるための物質として知られています。そのためドーパミンが脳内で分泌されているときは、気分が良くて幸福感に満たされている状態。

また、ドーパミンは興奮を伝えるホルモンでもあり、それが交感神経を刺激して、瞳孔が開き目が大きく見えたり、頬が紅潮したりして女性として魅力的な外見に繋がっていくというわけです。

そしてこのドーパミンは、代謝を促進する効果もあるので、肌のターンオーバーが活発になり美肌効果があるとも言われています。

このように、恋をするとキレイになるというのは決して迷信ではなく、医学的に証明出来る事だったんです!
好きな人を思うこと自体が、効果的な美容法だったなんて、なんだか素敵ですよね♪