うっかりメイク落としを忘れて寝てしまった時の対処法

前回、「恐怖!メイクを落とさずに寝ると起こる現象」についてお伝えしましたが、今回はうっかりメイクを落とし忘れて寝てしまった場合、翌朝目覚めてから真っ先にすべき対処法をご紹介します。

 

メイク落とし

 

■パックで肌に潤いを

メイクをしたまま寝てしまうと、乾燥した肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されます。
いつもより丁寧にクレンジングをして、汚れと余分な皮脂を落としましょう。
そして化粧水や美容液をたっぷり使って、入念に保湿してあげてください。とくに目や頬は肌が薄いので、他の倍くらい丁寧に潤いを与えてあげると良いでしょう。
時間があったら、ローションパックやシートパックもできると尚良いです。

 

■卵白パックで肌を修復

メイクをしたまま寝てしまうと、肌を外的ストレスから守ってくれるバリア機能が低下し、肌トラブルを起こしやすい状態になります。十分に保湿ケアをしてあげましょう。

卵アレルギー以外の方におすすめなのが、卵白パックです。卵白にはリゾチームとアルブミンという成分が含まれています。リゾチームには、肌の炎症を抑える作用や皮膚を修復する作用があり、アルブミンには肌を引き締め、ハリを出してくれる効果があります。

【卵白パックの方法】
1. 卵の卵白だけ取り出し、泡立てネットを使って泡立てる
2. 泡を顔に塗り、5分放置したらぬるま湯ですすぐ
3. 化粧水を使って保湿する
(※効果には個人差があるため、必ずパッチテストを行ってください)

 

■できるだけ薄化粧

メイクを落とし忘れて寝てしまった翌朝、再びメイクをしなければならない場合は、できる限り薄化粧を心がけましょう。肌が回復するまで、いたわってあげることが大切です。
また、その日は早く帰ってきてゆっくり入浴する、22時~2時のお肌のゴールデンタイムにはしっかり寝るなど、肌も体もリラックスできる状態にしてあげると良いですね。

 

そもそもメイクを落とす余裕もないほど疲れていること自体、肌にとって悪い状況です。
夜に余裕を持って寝られるような生活を心がけましょう。