温泉でキレイになろう!“日本三大美人湯”を徹底解析!


日本三大美人湯

温泉好きで知られる日本人。旅行といえばまず“温泉”が出てくる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、温泉の効用と美容効果についてお話します♪

皆さんもご存じの通り、温泉には様々な効能があると言われています。
湯治(とうじ)という、温泉地に長期間滞在して、特定の疾病の療養を行なうという文化があるほど、人の健康と温泉は深く関係しているんです。

そして、療養はもちろん、美肌効果も期待でき、科学的にも温泉成分による「美肌効果」は認められているんです!

温泉の効能で美容効果が高い泉質として、「硫黄泉」「硫酸塩泉」「炭酸水素塩泉」が有名です。これら3つは、「三大美人湯」とも言われ、美容目的で訪れる人も多いとか。
それでは、それぞれの効果についてご説明します!

■硫黄泉について

ゆで卵の腐ったような匂いがする、日本でもポピュラーな泉質です。アクセサリーなどの金属は、湯気に触れただけでも変色してしまうのが特徴。
・効能・
デトックス作用、古くなった角質の除去、代謝UP、便秘解消

乾燥肌の人には刺激が強い場合があるので注意が必要です。

◎代表的な温泉地◎
草津温泉、箱根湯本温泉、日光など。

■硫酸塩泉について

無色透明で、飲むと苦味があるのが特徴。成分の含有量により、芒硝泉・石膏泉・正苦味泉に分かれます。
・効能・
コラーゲン生成のサポート、肌の鎮静作用、保湿、便秘解消

◎代表的な温泉地◎
伊香保温泉

■炭酸水素塩泉について

アルカリ性の成分が多く含まれており、皮膚の表面をなめらかにする効果があるのが特徴です。
・効能・
肌の鎮静作用、リラックス効果、代謝UP、保温効果、便秘解消
◎代表的な温泉地◎
中善寺温泉

この3つ以外でも、アルミニウム泉には肌のハリを回復させる効果、塩化物泉には、女性ホルモンのエストロゲンを上昇させる働きがあったりと、温泉が美容にもたらす効果は絶大です!
皆さんも、夏休みを利用して、温泉へ美容旅行に出かけてみてはいかがですか♪