汗を気にせず夏のデートを楽しむための秘訣


夏は恋が盛んな季節。気になる彼と遊園地や花火大会、夏フェス・・・いろんな場所でデートしたい!と意気込んでいるところでしょうか。
でもいざ外に出ると、少し歩くだけでも汗が噴き出てしまい、化粧崩れが気になってしまいます。
そこで今回は、夏のデートを思いっきり楽しむための秘訣をご紹介しましょう。

夏のデート 

■涼しげに見せる

汗を止めることはできなくても、涼しげに見せることは誰にでもできます。
以下の6つのポイントを注意しましょう。

●ポイント1:デザインより着心地で服を選ぶ

可愛さのために暑さを我慢するよりも、機能性の高さを優先しましょう。通気性の良い服を選んだり、汗をしっかり吸収してくれるキャミソールなどを着るだけで、汗は大幅に減少します。
た、靴も見た目の涼しさを左右するので、サンダルか汗を吸収しやすい靴を履きましょう。

●ポイント2:髪型はアップ

髪が長い人も、ポニーテールやおだんご縛りにすると涼しげに見えますよね。髪をアップにするとリンパ筋がある首の後ろを冷やすことができるので、汗を止める効果も得られます。

●ポイント3:待ち合わせ時間より早く到着する

待ち合わせ時間ぎりぎりになってしまうと、焦ってさらに汗をかいてしまいますし、鏡を見る暇もありません。余裕を持って到着し、化粧室や手持ちの鏡で化粧崩れなどをチェックしましょう。

●ポイント4:化粧直しのコスメを持ち歩く

化粧直しに必要なコスメは必需品です。あぶらとり紙やフェイスパウダーを持ち歩き、化粧室などでサッと直すだけで簡単に改善できます。デオドラントや香水があれば、汗の臭いも解消できるので便利です。

●ポイント5:日傘や扇子を使う

直射日光を浴びることは、お肌のためにも極力避けたいところ。できるだけ日陰を歩いたり、日傘を使うと良いでしょう。また扇子は見た目を涼しげ見せるだけでなく、オシャレで大人びた印象を与えてくれるので、おすすめアイテムです。

●ポイント6:手首を冷やす

汗をかき始めてきたら、手首を冷やしてクールダウンしましょう。冷水を数秒間あてるだけで冷却効果が得られます。
汗をかくことは人間にとって当たり前のことです。気にしすぎてもパニックを起こして余計に脇汗をかいたりしてしまうので、堂々と振る舞っていればいいのです。
涼しさを保ちながら、夏のデートを楽しんでください!