夕方までキレイ続く☆夏の化粧直しテクで、テカりベタつきも恐くない!


化粧直し

夏は汗や脂で肌がテカりやすく、化粧崩れが気になりますよね。今回は、テカりやベタつきを手早く解消して、サラサラ肌を復活させる化粧直しテクニックをお伝えします!

■汗や皮脂オフにはティッシュ・パフを活用

まずは浮き出た皮脂をオフする方法。
ティッシュを三角に折りたたんで顔全体を軽く押さえる。汗や皮脂が特に気になる額や鼻は念入りに押さえましょう。
ティッシュは汗や余分な皮脂を吸収してくれます。できれば肌触りがやさしい保湿系のティッシュを使うと良いです。
また、ティッシュの代わりに、何もついていない清潔なパフを使ってもOK。ティッシュ同様、テカりが気になる部分をパフで軽く押さえてください。

■ファンデではなくパウダーを

テカりが取れたら、パウダーをパフに取って肌にのせていきます。この場合、ファンデを使うと、層になりどうしても厚塗りになってしまいます。ですので、ここではパウダーをおすすめします。
毛穴の向きにあわせて、下から上へ軽くなであげるようにすると、毛穴が目立ちにくくなります。

■化粧崩れがヒドイ時の対処法

Tゾーンなど、とくに化粧崩れがひどいところは、メイク落としシートやクレンジングローションを含ませたコットンで一度綺麗にふき取ってしまいましょう。メイクをオフした部分は化粧水で保湿します。コットンにクレンジングローションや化粧水を含ませて、ファスナー付き保存袋に入れて持ち歩くと便利ですよ♪

■薄付きパウダーでメリハリ仕上げ

メイクを落としたところに下地クリームをぬり、パウダーをのせていきます。
メイクを落とした部分と落としていない部分の境目は、パフを滑らせるようにしてぼかします。
パウダーだけなので、Tゾーンがほかの部分より薄づきになり、明るく見え、ハイライト効果でメリハリがでます。

化粧直しのコツは、重ねる前に落とすこと!
プチテクを取り入れて、日中や夕方もメイクしたてのような肌でいたいですね♪