他人事じゃない?夏にひそむ「冷房病」の恐怖!

冷房病

毎年夏になると、どうも体調がよくないと感じている方、もしかするとそれは「冷房病」かもしれません。今回は、本当は怖い夏の冷え性のお話です。

■夏冷えの症状とは?

冬場、女性に多くみられる冷え性ですが、近年、夏場でも冷え性に悩む人が増えています。
冷え性の典型的な症状として、手足の冷えが知られています。しかしそれだけでなく、鼻水やのどの痛み、頭痛といった風邪に似た症状から、全身のだるさや疲れやすさ、食欲不振や下痢などの消化器障害、イライラ感、肩こり、腰痛、肌荒れ、生理不順など、人によってさまざまな症状がみられます。

夏の冷え性の引き金となるのが、エアコンによる“冷房病”です。
エアコンのきいた部屋にいると、「ちょっと肌寒い」と感じることがあります。そうした状態を長時間、あるいは毎日のようにつづけていると、体は大きなストレスを受けてしまいます。

■自律神経との関係

とくに影響を受けるのは、自律神経系。
自律神経は血液の流れだけでなく、胃腸の働きやホルモン分泌の調整などの機能も担っています。そのため全身にさまざまな症状が起こってくるのです。
自律神経の働きが慢性的に低下すると、ちょっとした寒さにも敏感に反応し、一年中冷え性に悩まされることになりかねません。そうなるまえに、エアコンを多用する夏にこそ、きちんと対策をとることが大切です!

夏冷えを防ぐ為に、気を付けたいポイントをいくつかあげます。

(1)エアコンの設定温度は25~28℃を目安にし、寒さを感じないレベルにする。
(2)エアコンのきいた部屋と外気との温度差は3~4℃が理想。
(3)エアコンの風には直接当たらないようにする。
(4)腹巻や厚手の靴下など、服装で自衛する。
(5)エアコンのきいた場所では温かい食べ物・飲み物を。
(6)適度に体を動かし、血流の改善を促す。
(7)シャワーより入浴(低めの湯温で)。

以上のことを意識しながら、夏に負けない身体作りをしていきましょう!