続・いまさら人に聞けない…ネイルケア基本用語 part3


Part 1,2に引き続き今回ももう少しネイルケアの基本用語をお伝えします。今回は良く耳にする言葉が多いでしょう。ここでしっかりと正しい意味を知っておくと便利です。

ネイルケア

◎ネイルケアの基本用語まとめ◎

●リムーバーについて

カラーをとる除光液のこと。使いすぎると爪が乾燥してしまいますので、除光液を選ぶときには爪の健康を考えたものを選ぶと良いでしょう。ベースコート(Part2参照)などを使用して爪予防も心がけましょう。

●パラフィンパックについて

ロウを使ったパックです。ロウには保湿を促す効果があるので血行を良くして、ダメージを受けた爪や乾燥した指先をしっとりさせます。

●ネイルグルーについて

グルーの意味は「接着剤」のことです。
爪が割れてしまったり、ひびが入ってしまったときに爪の補修をするために使う爪のための接着剤のことです。

●リペアについて

リペアの意味は「補修する」ということです。
爪が割れたり、ひびが入った時に爪を補修するための施術の総称です。ネイルサロンでは、ネイルグルーやシルク(爪を補修するためのラップ)を使用して行うことが多いようです。

●スクエアオフ+ラウンドオフ

これらは爪の形のことです。
スクエアーオフとは、爪のトップとサイド部分をストレートにし、角を少し落とした形のこと。
ラウンドオフとは、爪のサイドはストレートで先端に向かって丸みをつけるかたちのこと。
爪のデザインや、自分の爪の性質に合わせて形を選ぶとよいでしょう。

このPart 3をもってネイルの基本用語は完結します。このほかにもたくさんの用語はありますが、この3回に紹介した用語はネイルケアのための本当に必要な「基本」です。とりあえずこれだけ覚えておけば安心。“なんとなく”ではなくここでしっかり覚えてしまいましょう。これで自信をもって恥をかかずにネイルの話ができますね。Part 1,2も参照して下さい。