疲れが取れない・・そんなあなたに、すぐできる簡単骨盤エクササイズ!

骨盤エクササイズ
一日中パソコンやデスクに向き合っていると、 夕方は特に背中や腕が疲れてきますよね。
そこで“骨盤運動”を上手に取り入れて、緊張した身体の疲れをとり、次の日に疲れを残さない工夫が必要!

■なぜ骨盤?

まず、疲れをとるためには、背骨の中にとおっている“副交感神経”を整えてあげる必要があります。
副交感神経とは、睡眠中やリラックスをしている時、ゆったりと落ち着いている時に働く自律神経の一つ。副交感神経が働くと、血管が拡がり、心拍数は減少し、筋肉が緩みます。ですので、副交感神経の働きは、昼間の疲労回復や身体の修復を行うために必要不可欠なんです。

■簡単!骨盤体操

そこで、簡単に出来る、骨盤のゆがみ矯正に効果的なエクササイズをいくつか紹介します!

1・まず、足を肩幅に開いて立ち、両手を腰に添えます。かかとを床に付けたままヒザを伸ばし、頭を固定した状態で、腰だけをゆっくり大きく円を書くように回します。
10~30回くらい回したら、同じ回数を反対回りにも行います。これは1日に2回ほどでも効果がでるので、おすすめです。
骨盤のずれやゆがみを元の位置に戻し、副交感神経を整える以外にも、生理痛や腰痛、冷え性やむくみにも効果があるので女性には嬉しいエクササイズですよね!

2・床にお尻を付けて座り、足を前に伸ばします。そして、上半身を大きくひねりながら、お尻だけで前進します。10歩ほど前に出たら。次は同じ動きで後退してください。
簡単な動きですが、全身を使うので、運動効果は抜群です。

3・仰向けに横になりヒザを立てます、腕で身体を支えて、腰とお尻を真上に待ちあげます。その状態で10~20秒キープして、ゆっくりおろします。この動作を数回行ってください。


以上のエクササイズを、寝る前などに日常的に行うようにすると、骨盤のゆがみが整い、副交感神経が上手に働くようになるので、疲労回復が期待できます。
皆さんも是非、試してみてください♪