寝起きの喉の痛みを撃退せよ!!寝ている間にできる乾燥対策とは?

喉の痛み

冬の到来とともに、乾燥する季節となりました。冬の朝「何だか喉が痛い…」なって経験をしたことがある人も多いのでは?その原因は喉が乾燥してしまっていたから!だったら、乾燥対策で喉の痛みを撃退しましょう!!今回は、寝ている間にできる喉の乾燥対策法をお伝えします。

◆対策① 睡眠時にマスクを着用する

最も簡単な対策は、マスクを着用して寝ること。喉を乾燥から守ってくれるだけでなく、ウィルスの侵入も防いでくれます。苦しくならないように鼻は覆わない方が◎また、お肌の乾燥にも良いみたい!

・もっと効果を高めたい時は…

もっと効果を高めたい、そんな時は濡れマスクがオススメ!マスクを水orお湯で濡らして軽く絞り、マスクの上部1/3を外側に折り返して着用するだけ。折り返すことで、着け心地が安定するみたいです。

◆対策② 首にタオルを巻く

意外なことに、首からも水分は蒸発しているようです。首元もしっかりガードしてあげましょう。まず、触り心地の良いタオルを用意し、縦に3つor4つに折ります。首の後ろから前に巻き、前はリボンのように交差させ、×の形になるようにパジャマの襟元に入れてください。

◆対策③ 観葉植物を置く

観葉植物は見て楽しむだけでなく、天然の加湿器としても活躍してくれます。土や葉の水分が蒸発するのですが、それが乾燥対策に効果があると言われています。葉っぱの面積が大きい植物ほど、比例して効果も高くなるみたい!!また、土や葉を霧吹きで湿らせると、もっと効果を高めることができます◎

◆対策④ 室内に洗濯物や濡れタオルを干す

喉を乾燥させないようにするには、とにかく室内の湿度を高く保つことが大切。少しでも水分を帯びたものを置くように意識してみましょう。その1つに、室内に洗濯物や濡らしたタオルを置くことも方法です。また、コップに水を入れて置くのも良いようですよ!

◆対策⑤ 加湿器を置く

1番手っ取り早いのは、やっぱり加湿器です。加湿器は鼻や喉の粘膜を守ってくれるので、呼吸を楽にしてくれます。また、ウィルス対策としても効果覿面!!最近ではおしゃれなデザインのものが増えているので、インテリアとしてもオススメのアイテムです☆


寝起きの喉の痛みは辛いもの。乾燥対策を忘れずに行い、スッキリとした朝を迎えましょう♪