寝苦しい季節を乗り切る!今日から実践できる簡単快眠法!


簡単快眠法

本格的な夏を前に、もう既に寝苦しさを感じてる方も少なくないのではないでしょうか?
せっかく美容に気を遣っていても、睡眠不足では肌や身体は冴えません。
そこで、これからの季節に、少しでも快適に眠る方法をいくつか紹介したいと思います!

■体温と睡眠

人が眠るには体の内部の体温が下がることが前提となるそうです。つまり、体温が下がっていく時に、人は眠気を感じる仕組み。ですから、体温を眠る前にちょっと上げてあげると睡眠時に内部体温が下がるので質の良い睡眠に繋がって行くそうです。

内部体温を上げる方法は以下のようなものがあります
・食事には温かいもの・辛いものを食べる
(眠る直前に食べると体や脳が覚醒してしまうので眠る2~3時間前までに夕食をすませましょう)
・眠る1時間前に15分ほどぬるめの湯に浸かる

■ブルーライト

最近よく目にする、「ブルーライト」とは、蛍光灯の証明やパソコン、液晶テレビ、スマートフォンなどの画面が発する青色領域の光です。

人間の体は昼間の青色の太陽光で目覚め、夕方のオレンジ色の太陽光で睡眠へ向かう仕組みになってます。
ですから、寝る前にはできるだけ太陽光と似たブルーライトをさけ、部屋の照明もオレンジ系の優しい明かりの間接照明に切り替えると良いです。
またどうしても寝る前にパソコンやスマートフォンを使用する場合ブルーライトをカットするメガネを使用すると良いでしょう。

■心をリラックス

アロマやハーブティーを使って、気持ちを落ち着かせるのも効果的です。
カモミールやラベンダーには、不眠を改善させる効果があるのでおすすめ。
やはり快眠に大切なのは、心と身体にストレスを感じさせない事。実際、寝る時に、次の日楽しみにしている予定のことなどを考えると、寝つきが良くなるそうですよ。

眠る前のひと工夫で、寝苦しい季節も快適に乗り切りましょう!