頭皮にやさしくない頭の洗い方とは?

シャンプー

朝の眠たい頭をシャキッと起こさせるためにも、朝シャンを習慣にしている人は多いと思いますが、実はヘアケアという面から考えると実はあまり好ましくないのです。

髪の成長も肌や他の体の機能と同じように寝ている間に育つと考えられます。夜にシャン
プーをすることなく寝るということは、髪が育つ時間帯が頭皮に汚れが溜まったままの状態であることを意味します。これでは髪の成長によくないですよね。日中に汗をかいたり埃や皮脂などで汚れが溜まったりして夜の頭皮はかなり汚れているものです。

こうした汚れを寝る前に洗い流して清潔にしてこそ、寝ている間に健全な髪の育成が出来るのです。また朝の出掛ける忙しい時間にシャンプーをすると、ドライヤーで短時間で髪を乾かす必要性も伴い、それも髪や毛根にかなりの負担を掛けることになりよくありません。こうしたことから朝シャンではなく、夜にシャンプーをすることがヘアケア面においてとても良いと言えるのです。

■洗浄成分の強すぎるシャンプーで洗うのは良くない!?

髪の毛を洗うときに、シャンプーの洗浄成分を気にしているという人は、意外と少ないのではないでしょうか。ここでは、頭皮に優しい洗浄成分について、また、適切なヘアケアについて説明していきます。
まず、安くて洗浄力が強く、多くのシャンプーに使用されている成分が、ラウレス硫酸ナトリウムや、ラウリル硫酸塩というものです。この成分が、頭皮にどのような影響を与えるのでしょうか。
安いシャンプーには、ほとんど使用されているこの成分ですが、頭皮の皮脂を奪いすぎてしまい、乾燥を招くという点がダメージの原因となります。頭皮が乾燥すると、抜け毛などの原因となります。
適切なヘアケアのためには、アミノ酸を使用したヘアケア製品を使うことをおすすめします。また、ノンシリコンタイプの製品も頭皮を詰まらせる汚れを減らすので、髪の毛にやさしくおすすめです。