あなたは水?お湯?洗顔をする時に肌への負担を軽減する水温とは

洗顔

毎日洗顔をする時、冷たい水か温かいお湯、どちらを使っていますか?どんなに高級な洗顔料を使い、丁寧にケアしていても、誤った水温では正しい洗顔の効果は得られません。今回は、洗顔する時におすすめの水温についてご紹介します。

冷水で洗うと肌荒れが進む!?

冷水には毛穴を引き締める効果がある一方で、冷水で洗うと毛穴に汚れが詰まった状態のままになってしまいます。

また、洗顔した後に冷水ですすぐという行為も、一時期流行しましたが、毛穴が引き締まるのはせいぜい冷水を浴びてから30分程度。毛穴自体が小さくなったり、塞がったりすることはなく、逆に冷水をかけることで赤ら顔や乾燥肌の原因になってしまうこともあります。

熱いお湯で洗顔すると肌がテカテカに!?

熱いお湯で洗顔をすると、汚れの詰まった毛穴が開くという効果があります。汚れを落としやすくするという点では良いのですが、これだと必要以上の皮脂や水分が肌から失われ、乾燥シワや粉吹きの原因になってしまったりします。また、敏感肌の人は低温やけどになってしまうことも。元々余程のオイリー肌の人でない限り、お湯洗顔はやめたほうがいいでしょう。

肌より少し冷たい「30~32度」がベスト

人の体温はだいたい36度前後で、顔の温度は少し低く32度程度です。そして、洗顔によって落としたい皮脂汚れは、30度くらいから溶け出します。そのため、人肌より少し冷たく感じる30度くらいのぬるま湯で、適量の皮脂を綺麗さっぱり洗い流しましょう。

もともと肌のテカリが気になる人は少し高めに、乾燥が気になる人は少し低めの温度に設定するとより一層効果的です。ぬるま湯を使うと、熱さや冷たさによるストレスを感じることもなく、気持ちよく洗顔ができます。

いかがでしたか?
洗顔をする時に大事なことは、汚れを落とし、しっかり洗い流し、きちんと保湿すること。「冷水がいい」「お湯がいい」といった情報に惑わされて、本来の洗顔の目的が疎かにならないようにしましょう。