ニキビと食べ物の関係を徹底調査!!日々の食事からニキビ対策をしよう!!


ニキビ予防

女の子の大敵であるニキビ。日々のスキンケアで予防に努めているひとも多いのではないでしょうか。もちろんスキンケアも大切ですが、実は「食べ物」とも深い関係がありました!!日々の食事に気を付けて、ニキビ知らずの美肌を目指しましょう。

◆ニキビに悪い食べ物

・炭水化物

お腹を満たしてくれる美味しい炭水化物ですが、ニキビにはあまり良くないみたい…。炭水化物は消化されると糖分になり、これが分解されると脂分に変わります。この脂分が皮下脂肪やニキビの原因に…。炭水化物を食べる場合には、ご飯は玄米、パンは全粒小麦パンを食べるようにしましょう。

・甘い食べ物

甘い物が大好きな女子も多いと思いますが、これもNG!!ケーキやチョコレートなどの糖分をたくさん含む食べ物は、消化されると糖分から脂分に変わり、皮脂の材料となってしまいます。ついつい手が伸びてしまう甘い物は、食べ過ぎは禁物です。「炭水化物×甘いもの」の組み合わせにも要注意!

・お肉や油っぽいもの

お肉などの動物性タンパク質は、皮脂線の活動を活発にさせ、皮脂が過剰に分泌してしまう原因になっていることも。牛・豚・鶏といった動物性のタンパク質は控え、代わりに魚介類を食べると良いでしょう。魚介類の油にはDHA・EPAなどが含まれており、血液をサラサラにしてくれます。これにより毛穴も詰まりにくくなるので、ニキビ予防と改善に◎

・辛いものや刺激物

辛い食べ物や刺激物が好きな人は、こうした食事がニキビを悪化させているかも…!食事の内容を見直す必要があります。唐辛子やコショウなどのスパイスの効いた料理、わさび、コーヒーなどは、皮脂の分泌を促すので、ニキビができているときは控えるようにしましょう。

◆ニキビに良い食べ物

・玄米・雑穀米

炭水化物でも、玄米や雑穀米ならOK!!ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、ゆっくり消化吸収されるので体にも優しいみたい。

・食物繊維

食物繊維たっぷりの食品は、ニキビに効果アリ!ニキビは腸内環境とも関係していることから、便秘になるとニキビができる人も多いのでは?食物繊維はそういった腸内環境を整える働きがあり、ビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌を増やしてくれます。腸内環境を改善することで、ニキビだけでなく肌荒れにも効果があるようです♪

食べ物にも気を遣って、賢くニキビを予防しましょう!!これであなたも美肌女子になれるはず…♪