ベタつくのに乾燥する・・不安定な夏肌をレスキュー!夏用スキンケアのすすめ

夏用スキンケア

汗ばむこれからの季節は、暑さに加えて湿気もあって、肌のベタつきが気になりますよね。
とはいえ、夏用のさっぱり系や美白効果のあるスキンケア用品は、保湿力がいまいちで乾燥しがち。
そこで今回は、ベタつくけど乾燥も気になるという不安定な夏の肌のために、化粧水と乳液の賢い使い分けをご紹介したいと思います!

■朝用と夜用で使い分ける

日中の肌のベタつきや化粧崩れを防止するため、朝のケアではサッパリ系のスキンケアコスメを使用します。
ここでは大切なのは質より量、価格の安いものでもOKです!たっぷり贅沢に使ってあげてください。

その代わり、夜のスキンケアでは保湿重視のスキンケアコスメを使います。
こうすると、さっぱり系コスメでお肌が多少乾燥してしまっても、寝ている間にしっかり保湿されるので、翌朝のお化粧のりもよくなります!

■化粧水はしっとり系、乳液はさっぱり系を

夜、保湿系の化粧水でケアをしたとはいえ、日中の日差しや冷房、また日焼け止めにより、肌の内側は乾燥状態。乳液を使って、お肌のうるおいを逃がさないようにきちんとフタをしましょう。
夏は乳液を使いたくない、という方もいると思いますが、実は夏場こそしっかりとした乳液ケアが必要なんです!
ここでの乳液は、比較的さっぱりしたものを選び、夜のしっとり系化粧水とのバランスをとりましょう。水分が主体である化粧水をしっとり系に、油分が主体である乳液はさっぱり系にすると、肌の水分量と油分量が整い、夏肌特有の悩みが改善されます。

いかがでしたか?なにかとダメージが多く、トラブルを招きがちな夏の肌も、さっぱり系としっとり系のスキンケアコスメを上手に使い分け、スッキリ爽やかに過ごしましょう!