【simple is best!!】最低限で可愛くなれる、薄盛りアイメイクって?

薄盛りメイク

かつて“すっぴん風メイク”というナチュラルメイクが流行りましたが、それはもう古い!今は、最低限のメイクで可愛くなれる“薄盛りアイメイク”の時代。「薄いのに盛れちゃうの!?」と少し不安な人もいると思いますが、大丈夫!!今回はアイシャドウやアイラインに注目した、薄盛りアイメイク法をご紹介します♪

◆アイシャドウは単色使い

肌に良く馴染む、パールの入ったベージュのアイシャドウを、アイホールに入れていきます。これは、まぶたのくすみを飛ばし、目元を立体的に見せてくれる効果があります!普段なら2色以上を使っている方も多いと思いますが、グラデーションなしの単色でシンプルに仕上げましょう。

◆アイラインは細めor締め色アイシャドウ

アイラインは際に細く入れます。目尻を少し長めに描くとアクセントになって◎そして、アイライナーを引くときのポイントは、少しずつ引くこと。決して一気に引こうとはせずに、机などに肘をつきながら描くと、より安定したラインを引くことができますよ!もう少し目力が欲しいという人は、アイシャドウの締め色を目の際に入れてみて。ナチュラルに仕上げたい人は、締め色のアイシャドウのみでもOK!!

◆すだれまつ毛で目力を出す

薄盛りメイクでの1番のポイントはマスカラ。あえてビューラーを使わずに、素のまつ毛にマスカラを塗り、すだれまつ毛を作ります。これにより、黒目がちな美しい伏し目を演出し、印象的な目元になれるのです!マスカラは、ボリュームタイプのブラックがおすすめ☆

◆ふんわり眉で抜け感を

眉は薄く太目に作って、優しく印象的な雰囲気に。アイブロウパウダーと眉マスカラのW使いで、抜け感のある眉に仕上げていきましょう。アイブロウパウダーはアイシャドウチップを使ってつけると◎眉マスカラは基本的には毛流れに沿って付けますが、マスカラ液がつきにくい部分は、毛流れに逆らうように塗ると綺麗に色付きます!!

これで薄盛りメイクの完成!すぐに始められる簡単な方法ばかり。早速試してみましょう…♪