外国人みたいな顔になりたかったら“赤いシャドウ”がカギだった♪


赤メイク

外人さんのような顔立ちって誰でも憧れますよね。でもメイクの時に張り切って顔にメリハリを付けすぎてはいませんか?実は外人さんのような顔になるには、はっきりした顔立ちよりも透明感がカギだったのです♪そこで、目元に赤シャドウをいれるだけで外人さんのような透明感を手に入れられる方法ご紹介します!

■どうして赤シャドウなの??

白人の方のまぶたに注目してみると、上まぶたと下まぶたがうっすらと赤いのです!そのため、まぶたに赤目のシャドウを入れたり、チークやリップを赤めにしたりすると顔の色素が薄く感じます。また、赤シャドウは出っ張って見えるため、ふんわり堀が深く見せることが出来ます。ノーズシャドウを濃く入れるよりも透明感のある外人さん顏に近づくことができますよ♪

■赤シャドウを使ってみる

・初心者さんには下まぶた

赤シャドウを使ってメイクすることが初めての方は、下まぶたにうっすら入れてみてください。下まぶたにいれることで腫れぼったくなることが無いため、気軽にチャレンジすることができます♪

・上級者さんは上まぶた全体に

赤シャドウを上まぶたにふんわり広げてしまうと腫れぼったく見えてしまいます。そのため、ポイント使いでガッツリ入れることがポイントです。また、赤みのかかったシャドウを使った際は、アイメイクは基本ブラウンでやわらかく仕上げる様にすると、より外国人顏に近づけます。

■シャドウだけではない!

赤シャドウだけではなく、チークやリップも赤系を使うとより色素が薄く見え外国人顏に近づきます。グロスを赤くチークはほんのりピンクをチョイスするなど、バランス良くなるように注意してメイクしましょう!

いかがでしたか?赤メイクをマスターして、憧れの外人さんのような顔立ちに近づけるように練習しちゃいましょう♪