“こんなに違うの!?”コンシーラーを正しく使ってもっとナチュラル美人肌に変身♪

コンシーラー

コンシーラーで上手く隠そうとするとどうしても厚塗りになってしまうと悩んだことはありませんか?ただしくコンシーラーを使えば、ナチュラルメイクでも綺麗なお肌に仕上げることができちゃいます♪ちょっとしたコツをつかんで、簡単にナチュラルメイクでお出かけしましょう☆

■やっぱり1番カバーしたい?目元編

やはり1番に視線が向いてしまう場所は“目元”ですよね。目元のくすみやクマをきちんと隠せば、健康的なナチュラル肌に見せることができます。目の下のくまだけにコンシーラーをのせて隠そうとしている人が多いのですが、目元全体を丁寧にメイクすることが重要です。目元は全体を広くふっくらと明るく見せた後、際だけをカバーするようなイメージでメイクしていきましょう。青グマをカバーしたい人は“オレンジ系”、茶グマは“イエロー系”、黒グマは“ベージュ、オークル系”がおすすめです。

■顔の中心はきちんとカバーしておきたい!小鼻編

小鼻の赤みや黒ずみを上手に隠したいけど、この部分はとってもよれやすい!丁寧にカバーしていきましょう。まず、小鼻の周りにコンシーラーを広めに薄くのせていき、指で叩き込みます。できるだけ薄く叩き込むことがポイントです。また、小鼻は丸みを帯びているので塗りにくい為、小鼻を引っ張り平らにしてからコンシーラーを塗っていきましょう。

■意外と見逃しがち?口角編

意外と皆さんが忘れがちなのが口角のメイクです。口角のくすみを消すだけでリフトアップ効果があり口角が上がって見えます♪忘れずに口角に少しだけコンシーラーをのせて馴染ませていきましょう。口角にはリキッドタイプのコンシーラーがおすすめです♪

■仕上げにルースパウダーをのせて完璧

コンシーラーで終わらせるのももちろんOKですが、フェイスパウダーやルースパウダーを全体に重ねるともちが良くなり、コンシーラーを塗った部分と塗らない部分の質感の差もカバーできます。パウダーをのせる時は、必ずお粉をパフにしっかりと揉み込み、まんべんなくつけていくことを忘れないでください。パフを揉み込むことで、ムラなく綺麗にパウダーをのせることができますよ♪

コンシーラーで丁寧にくすみを隠すだけで、見違えるほどきれいなお肌に仕上がります。少しのコツで綺麗になるなら試してみる価値アリですね♪