ツヤツヤヘアーを手に入れたい!そんな時はヘアオイルできちんとケアしましょう♪


サラツヤヘアー

さらさらでツヤツヤの髪の毛って女子の憧れですよね。そんなさらつやヘアーはオイルケアをきちんとすることによって手に入れることができちゃいます!ただしいヘアオイルの使い方を覚えて綺麗な髪を手に入れましょう♪

■お風呂上がり・ドライヤーの前にケアする

ヘアケアをする時は乾いた髪の毛にヘアオイルやトリートメントを付けていませんでしたか?実は、お風呂上がりにヘアケアをする方法もあるのです。お風呂を出てからタオルドライの時にオイルをつけましょう。髪は根元よりも毛先がダメージを受けやすく痛んでいる場合が多いため、中心につけましょう!

■オイルの基本的な使い方

ドライヤーの前の一手間が美しい髪を手に入れるためにはとっても重要です♪きちんと正しい使い方をマスターしましょう!まず、オイルは髪の内側から馴染ませるようにしましょう。少量のオイルを手に出し、手の平に伸ばしてから馴染ませます。そして、そのまま両手で髪の内側に手を入れオイルを揉み込みましょう!最後に、手に余ったオイルを表面に馴染ませてください。

■髪を乾かすときのポイント

せっかくオイルで髪に潤いを与えたのに、ドライヤーの使い方が間違っていては台無し!まず髪を乾かす時は、必ず根元部分から乾かしていきましょう。根元を乾かすうちに自然と毛先は乾くため、毛先はほとんど風を当てなくてもいいのです!ドライヤーを当てるだけでも毛先の水分は逃げやすいので注意しましょう。

■時間がある時はスペシャルケア

ドライ前のオイルケアは美しい髪を手に入れるため、毎晩お風呂上がりにおこなうことが鉄則です。でも時間がある時は、髪が濡れた状態、乾いた状態のダブル使いをしてみましょう。タオルドライをした後、オイルを髪に馴染ませ乾かします。そして、乾いた後も濡れた髪に使用した量の半分程度のオイルを髪の表面につけていきます。そうすることで、睡眠中に受けやすいダメージも最小限に留め、キューティクルを保護してくれます。

いかがでしたか?ぜひ今日のお風呂上がりから正しいオイルヘアケアを実践して、美しいサラツヤヘアーを手に入れてくださいね♪