「きちんと感」が大切だった!ナチュラルメイク術でナチュラル美人に・・・♪


ナチュラル

“すっぴんナチュラルメイク”というワードを最近よく耳にしますよね。でもメイクの加減ってとっても難しくはないですか?メイクが濃すぎると気合が入りすぎだし、薄すぎるとノーメイクだと思われてしまいがち。ポイントは「ナチュラルメイクだけどきちんとメイクしている感」であるということ♪加減が難しいナチュラルメイクですが簡単にマスターできますよ、みなさんでお勉強しましょう!

■ナチュラルメイクのつくりかた

・ベースメイク

ベースメイクをファンデーションだけに頼ってしまうと、厚塗り・濃いメイクという印象を与えてしまいがちです。そこで、ピンク色の化粧下地を使いましょう!ピンク色は肌のくすみをカバーしてくれるため、ベースメイクを薄く仕上げることができます。また、クマやシミなどの気になる部分はコンシーラーで素肌っぽくカバーしてみてください。そして、ファンデーションはツヤ感を重視するため、リキッドファンデに乳液を混ぜ、薄く付けるようにしましょう。(ティッシュやスポンジでオフすることを忘れずに!)

・アイブロウ

実は、眉毛が与える印象はとっても大きいのです。そのためナチュラルメイクではアイブロウメイクはとっても大切!ポイントは「綺麗なライン、綺麗なアーチ、境目をぼかす」の3つです。綺麗なラインを作るために、眉毛のラインからはみ出た部分はカットし形を整えましょう。アーチ型の眉は、眉頭から眉山までまっすぐなラインをイメージして描きます。最後に、自然な眉にするためにきちんとぼかしましょう。

・アイメイク

全体の印象を左右するアイメイクのポイントは「バランス」主張しすぎず、手抜きはしない目元こそがナチュラルメイクには重要なのです。そこで、黒のアイライナーでまつ毛の生え際のみを埋め、やりすぎ感のない目元に仕上げていきましょう。また、マスカラ・シャドウ・ラインはその日のメイクによって足し引きしましょう。例えば、マスカラが濃い目ならアイシャドウは一色、オーバーラインを引くならマスカラは控えるなど。

・リップ、チーク

リップとチークは淡いピンクやコーラルオレンジをチョイスするようにしましょう。これらの色は顔なじみが良く、血色も良く見える万能カラーなのです♪より自然にみえるように色味をいれていきましょう。

ナチュラルメイクは時間をかけて作るもの♪ひとつひとつ丁寧にメイクしてナチュラル美人に近付いちゃいましょう☆