どうして秋は食欲が増すの??メカニズムを知って食べ過ぎを防ごう!

食欲の秋

秋と言えば、秋刀魚や栗、サツマイモ、ブドウ、マツタケなど美味しい食べ物が盛り沢山の季節ですね。せっかく夏のダイエットに成功しても、秋から冬にかけてついつい食べ過ぎてしまい、すっかり元通りの体型になってしまったり、むしろそれ以上に太ってしまったりといった悩みが生まれる時期でもあります。

夏のダイエットで苦労した時には、「もう今年の秋は太らない!」と決心しても、実際に秋がやってくると、どうして例年通り食べ過ぎてしまうのでしょう??そこで今回は、秋に食欲が増すメカニズムについてご紹介します。

「美味しいものが多いから」だけが原因ではない

秋は様々な食べ物が収穫のピークを迎えるため、街中やスーパーなどどこへ行っても「旬」の食材で溢れています。では、なぜそれらの誘惑に打ち勝てないのでしょう?

その原因には、「気温の変化」があります。冬から夏に向けて気温が上がる時期を「昇温期」、夏から冬に向けて気温が下がる時期を「降温期」と呼ぶのですが、これらの時期は、人間の身体に大きな影響を及ぼします。

たとえば、昇温期である梅雨の時期は、なんとなく身体がダルくなったりしますよね?これは身体がストレスを感じているためです。同様に、降温期も身体は気温の変化に適応しようと頑張っているのですが、気温の変化により身体が冷えてくると、腎臓機能が低下してしまいます。

夏の間にたっぷり摂った水分や塩分は、秋になると老廃物(酸)として体の中に溜まっています。その酸を腎臓で処理しきれなくなると、酸が胃の方へ流れ、胃酸と合流してしまうため、胃酸が増えると同時に食欲も増進してしまうという仕組みです。

身体を温めて老廃物を排出しよう!

上記で説明したように、気温の低下とともに身体が冷えてしまうことが食欲増加の原因ならば、身体を冷やさないようにすればよいのです。冷たい飲み物はなるべく避けたり、湯船に浸かる、半身浴をするなど日頃から身体を温める工夫をしましょう。
また、ダイエット時と同様に「汁物⇒野菜類⇒肉・魚類⇒炭水化物」の順に食事を摂取し、余分なコレステロールや中性脂肪を身体に吸収させないことも効果的です。

いかがでしたか?
気温の変化によりストレスが溜まると、暴飲暴食に走ったり、甘い物ばかりを求めるようになってしまいます。日頃からストレスを解消したり、体も心もリラックスできる時間を確保する習慣を身に付けましょう。