ぽっとした色が可愛い♪顔色を明るくして可愛いアナタを魅せちゃいましょう!

顔色

朝起きて顔の血色が悪いななんて思ったことありますよね?血色をメイクでカバーしようとしてもカバーしきれないなんてこともしばしば。でもやっぱり顔色は明るいほうが100倍可愛い!そこで、血色をよくするためにみなさんの生活を見直してみませんか?

◆あなたはどの顔色タイプ?

顔の血色によって何が原因で顔色が悪いのか知ることができるのです。まず青白い方は“冷え”が原因です。体が冷えていたり運動不足であったり・・・血流の低下によって顔が青白くなってしまいます。次に茶色い方は、“血行不良”が原因です。リンパの流れが悪かったり体内に老廃ブルがたまっていたりする茶色くなってしまいます。

◆まずは生活を見直してみましょう。

顔全体のくすみや目の下のクマが原因で、顔色をより悪く見せてしまうのです!

・シャワーではなくきちんと湯せんにつかる

シャワーだけだと疲れが取れず、身体が温まりません。しっかり湯せんにつかって身体を温め血行を良くしましょう。

・冷たい物を食べ過ぎない

アイスやジュースなどなど冷たいものをチョイスしている人は要注意!冷たい物を摂取すればもちろん体が冷えてしまいますよね、体を温めることを意識するようにしましょう。

・クレンジングをしすぎない

クレンジングのしすぎは、お肌を傷めて逆にくすみの原因になってしまいます。また、きちんと保湿をして乾燥もきちんと防ぎましょう。

◆メイクで目立たなく

・ファンデーションはせずにピンク色の下地を使う

ファンデーションで厚塗りをすると毛穴を詰まらせ、更にくすみや肌トラブルの原因になってしまいます。ピンク下地をうまく使い上手にカバーしましょう。

・頬と目元にピンクを使う

チークには肌の色に馴染みやすいコーラルピンクを使い、血色を良く見せましょう。パステル系のピンクは浮いてしまう可能性があるので使わないことをおすすめします。また、目のくまが気になる人はピンクシャドウを下まぶたにうすく入れ、自然な「うるうる」目をゲットしましょう!

やはり顔色がパッと明るい人ほど印象は良いはずです。普段の生活に気を付けて明るい顔をゲットしましょう!