あなたのやり方は間違っている!?本当にお腹がへこむダイエット法はこれ!!

ダイエット

ダイエットを始めて「体重は順調に落ちてきているのに、なかなかお腹がへこまない!!」と悩み、途中で挫折してしまった経験はありませんか?実は、「体重を減らすダイエット」と「お腹をへこませるダイエット」では、使う筋肉も方法も異なります。そこで今回は、お腹をへこませるための簡単なダイエット方法をご紹介します。

■運動と食事のバランスを考えて

短期間で痩せたいからといって極端な食事制限をしても、お腹はへこみません。なぜなら、痩せるためにもエネルギーが必要だから。1日1200kcal以下しか摂取しないと、レプチンという脂肪燃焼ホルモンの量が減ってしまい、痩せにくくなってしまいます。

一方で、一生懸命運動をしても、お腹いっぱいの食事を毎日続けていては、運動する意味がありません。「適切な食事」と「適切な運動」のバランスをとることが大切なのです。

■お腹を膨らませる食べ物は避ける

塩分の多いものや甘いもの、脂肪分がたっぷり含まれた食べ物はもちろん、乳製品やブロッコリー、アスパラガス、豆類、リンゴ、ソーダ類などはお腹を膨らませる食べ物です。これらを食べる時には、量に注意しましょう。

逆にお腹をへこませるのに役立つ食べ物としては、食物繊維が豊富なオートミールや、脂肪を燃やしてくれる魚、豆腐、ターキーなどの良質なタンパク質がおすすめです。

■「腹筋だけ」ではへこみません!

腹筋運動がお腹をへこますのに最も役立つ運動であることは確かです。しかし、毎日腹筋をやっているだけでは一部の筋肉しか使われません。また、腹筋運動は背骨を曲げた状態になるので、姿勢が悪くなる原因にもなってしまいます。

たとえば、背筋もやる、お腹をひねる、仰向けになって足を上げる、スクワットなどの全身運動も取り入れ、様々な筋トレを組み合わせて脂肪を燃やすようにしましょう。

■姿勢を良くすることが一番

お腹が出てしまっている人の大半が、猫背であったり、腹筋や背筋が弱かったりします。そのような人は、過度な運動をするよりも、「姿勢を良くすること」を毎日心掛けるだけで大きな変化が表れるはずです。

仕事中や電車に乗っている時、街を歩いている時も、背筋を伸ばし、お腹を引っ込める姿勢を意識しましょう。姿勢が変わるだけでスタイルが良く見えるようになりますよ。

いかがでしたか?
ダイエットを成功させるために最も大切なのは「ストレスを溜めないこと」です。無理なくスリムな身体を手に入れましょう♪