消費期限切れのコスメがブスの原因に!?コスメの捨て時の見極め方

コスメ

一つの化粧品を使い切るのって、なかなか難しいと思いませんか?使い続けててもなかなか減らなかったり、途中で新しいものを買い加えてしまった結果、使いかけの物ばかりになってしまったり。今回は、使い切っていないコスメの捨て時を見極めるコツをご紹介します。

■腐る?腐らない?コスメの消費期限

○化粧水

開封していなければ3年、開封していてもしっかり蓋をしていれば翌年まで大丈夫。もし消費期限が切れかかっているものがあったら、浴槽に注いで入浴剤替わりに使ってしまいましょう。

○クリーム・乳液

色や感触が変化していても、変な臭いがしなければ使えます。

○美容液

冷蔵庫か日の当たらない場所に保管してあれば1年はOK。

○クレンジングオイル

未開封であれば5年間は大丈夫。ただし、お風呂場に置きっぱなしにするとカビが生えるので要注意!ローションタイプで、もう使わないなというものがあったら、思い切ってドレッサー周りなどの拭き掃除に使用すると、ピカピカに磨けます。

○洗顔フォーム

臭いが変わらなければ使えますが、これもお風呂場に置いとくとカビが侵入します。

○シートマスク

未開封であれば3年間はOK。使用期限が書いてあるものが多いので、確認しましょう。

○マスカラ

腐ることはありませんが、空気に触れると固まりやすくなってしまいます。

○ファンデーション

液体ファンデーションは、油と液体が分離していなければ未開封なら3年、開封後は1年間使用できます。パウダリーファンデーションは、臭いが変わらない限り使い続けられます。

○アイシャドウ・アイライナー

粉ものは臭いが変わらなければOK。ただし、目の病気がある時に使用すると、病原体が移る可能性があるので注意しましょう。アイライナーも腐ることはありませんが、ものもらいができている時に使用したものは使わない方が賢明です。

○口紅・グロス

油と粉ものを練ったアイテムは、かなり持ちがいいので基本的に大丈夫です。

○アイブロウ

ブラシを出し入れする液体タイプは、蒸発したり固まったりして使いにくくなった時が処分時です。

あなたの持ち物の中に当てはまるものはありましたか?重要な見極めポイントは「臭い」です。雑巾のような臭いがしたら微生物が繁殖している証拠なので、即座に処分しましょう!!