“顔を立体的に見せたい”ハイライトとシェーディングって実はとっても大切だった!

立体的

最近“ハーフ顔”“ハーフモデル”などなど、“ハーフの女の子”たちに憧れる女子たちが急増中!実はいつものメイクを少し変えるだけで、外国人のような立体感のある顏になれるのです♪みんなでチャレンジしてみましょう!

■立体感に見せるためにはハイライトとシェーディング

・ハイライト

光が当たった時に明るくなる場所。「高く見せたい、広く見せたい、大きく見せたい」と思う所にのせてください。

・シェーディング(ローライト)

影をつけて立体的に見せる技法のこと。ハイライトとは逆に「低く見せたい、狭く見せたい、小さく見せたい」と思う所にのせていきましょう。

■顏型別プロセス

・逆三角フェイス

あごを丸く見せることで小顔効果につながり、顔に丸みが出ます。シャープさが強調されてしまうので、鼻筋のハイライトを長く入れすぎないようにしましょう。そして、シェーディングは入れなくてもすでにメリハリがあるのでハイライトだけにします。

・丸顔フェイス

メイクの際に縦長になるように意識しましょう。シェーディングを生え際の剃り込みライン、こめかみから下のフェイスラインに引きます。また、頬骨下からえらの間のふっくらした部分にも引きましょう。ハイライトは、鼻過ぎラインを長めに入れ、目の下に逆二等辺三角形をイメージして入れましょう。最後にあごに縦長楕円をイメージして入れます。

・ベース型フェイス

曲線をイメージすることがポイントです。ハイライトは、鼻筋を長めに入れ、目の下に逆三角をイメージして入れます。シェーディングは、生え際剃り込みラインとフェイスラインに入れましょう。エラ部分はしっかりめに入れると女性らしい顔立ちになりますよ◎

・面長フェイス

横長を意識してメイクしてみましょう。ハイライトを目の下に横長にいれ、鼻筋を短めに入れます。シェーディングは髪の生え際からしっかり入れ、顎さき部分に入れましょう。

いかがでしたか?シェーディングとハイライトを上手く使って顔に立体感を出しましょう♪これで憧れのハーフ顔に近づけるはずです!