まつ毛がメイクの出来を支配する!!マスカラを正しく塗って、綺麗な目元を作っちゃおう♪


マスカラ

あなたのまつ毛、綺麗ですか??マスカラがダマになっていたり、まぶたに付いてしまっていたりしませんか??「でも、どうやったら綺麗にマスカラを塗れるの…?」今回は、そんなお悩みを解決します!!マスカラを綺麗に塗るには、コツが必要だったのです。

◆まずは正しいビューラーの使い方から

・ポイントは順番と強さ

目の真ん中に合わせてビューラーを置き、根元・真ん中・毛先と3回に分けてカールします。その時に強・中・弱とカールの強さを調節して行いましょう。

・挟んだ状態で5秒キープ

ビューラーでまつ毛を挟んだら、5秒、そのままの状態でキープしましょう。このキープの時間がポイント!!これを行うことでカールがしっかり固定されます。もし1度行ってもカールの具合が緩いのなら、もう1度やってみて。納得のいくカールが整うまで、繰り返しましょう。

・おすすめは“ホットビューラー”

普通のビューラーよりもカールの保ちがよく、まつげを挟む必要がないので、初心者でも使いやすいのがメリット☆ホットビューラーを持っていない人は、ビューラーをドライヤーで温めて使ってみて!!ですが、火傷には十分注意しましょう。

◆下地でカールを長持ち

下地を使うことで、マスカラの付きを良くし、カールを形状記憶してくれるので、カールが長持ちします!!

◆マスカラの正しい塗り方

下準備ができたら、いよいよマスカラを塗っていきましょう!!

・ティッシュoffでダマ予防

容器から取り出したばかりのマスカラは、先端にマスカラ液がたくさん付いていたり、一部分だけ液が多く付いていたりすることが多いですよね。そのまま塗ってしまうと、ダマや、まぶたにマスカラ液が付いてしま原因に…。それを防ぐ為には、マスカラを容器から取り出したら、一旦ティッシュで軽く拭き取り、余分なマスカラ液を取り除くことが重要。マスカラの付きが綺麗になるだけでなく、肌にマスカラが付くことを予防してくれます。

・目頭、目尻などの先端から塗る

塗り忘れてしまいがちな目頭と目尻のまつ毛は先に塗っておきます。まつ毛の付け根から毛先に向けて塗り、同時に、マスカラを左右に動かしながら塗れば、マスカラの繊維をまつ毛に絡めやすくなります!!単に上に向けて上げようとするのではなく、花びらのように、まつ毛が放射状になるように仕上げる意識で!もっと長さをプラスしたいときは、マスカラのブラシの先端を使って毛先を重ね塗りをしていくと良いでしょう。

・下まつ毛も忘れずに

マスカラブラシを縦に持って、左右にスライドさせるように下まつ毛を塗っていきましょう。次に、マスカラブラシを横に持ち替え、長さが出るように下まつ毛に塗っていきます。
しっかりと長さを出すことで、小顔効果が期待できます。下まつ毛は塗りにくいですが、綺麗にマスカラを付ければ印象が変わりますよ♪

◆仕上げにコームでとかしてあげて!

仕上げに、マスカラを塗る過程でできてしまうダマをコームで取り除きましょう!まつ毛の根元から毛先に向かって丁寧にとかすと、根元からセパレートした綺麗いなまつ毛が出来上がります☆

これであなたも美人まつ毛!!マスカラの正しい塗り方をマスターして、素敵な目元を演出しましょう♪