「幸薄そう…」そんな印象はこれで解決!!ハッピーオーラはメイクで簡単に作れる☆


メイク

「何か辛いことでもあったの?」「疲れてそうだね…」そんな言葉をよく掛けられる人は、もしかして“幸薄顔”かも…!!そんな自分の顔、「もともと、こうゆう顔だから…」って諦めてしまっていませんか??けれど、それはメイクで改善できちゃうんです♪そんなハッピーオーラを手に入れる為のメイク法をご紹介します!

◆幸薄顔の特徴

・目が細い

目が一重or切れ長ではありませんか?加えて、アイメイクにあまりこだわっていない人は、幸薄顔に見られてしまう可能性が大きくなってしまいます。

・困り眉

似合う人は似合うのですが、困り眉が幸薄顔を作っている可能性も…。特に目が細い人は、流行の困り眉が幸薄フェイスを加速させてしまっているようです。

・唇が薄い

薄い唇は不幸の象徴と言われています。さらに、ガサガサだったらもう最悪!!ハッピーフェイスになりたいのなら、唇のケアを怠ってはいけません。

◆メイクで作るハッピーオーラ

・アイメイクは濃い目が鉄則

アイラインは、ブラックのリキッドライナーで、目の輪郭と目尻を強調してあげて。濃い目が鉄則とはお伝えしましたが、濃過ぎてもいけません!!ラインの入れ方としては、目尻を自然に伸ばす程度でOKです。まつ毛は“直角”を意識して、上向きカールを目指しましょう。その後は、ボリュームタイプのマスカラで濃い目に仕上げて♪

・眉はしっかり太目

【理想の眉の形】
①眉頭は目頭と一緒の位置
②眉山(眉の高い位置)は正面を見た黒目の外側に位置
③鼻から目尻の同線上に眉尻

以上のことを意識して描きましょう!ペンシルタイプのアイブロウを使って、眉頭から縁取りをし、眉全体の形を決めておくと簡単に描けます。ポイントは眉頭から薄めのカラーでしっかり描くこと!!きちんと眉山を作り、困り眉にならないように。

・唇は血色とツヤを重視

グロスの塗り過ぎは男子ウケが悪いのでNG…。自然なツヤ感を意識して。リップの中央にたっぷり塗り、その後グロスを左右へ少しずつ広げていくイメージで塗ると良いでしょう。また、指でトントンと叩くようにマッサージすれば、さらに血色UP!!

・チークは“まんまる”

目の真横&真下に色が広がらないように注意!!目の真横に入れると酔っ払いみたいに…。目の真下に入るとお猿さんみたいに…。一指し指を当てて、その部分に広げないように意識すると綺麗に色が入ります。そして、入れ方のポイントは“まんまる”に入れること!ピンクやコラールピンクといった、自然な色合いのカラーがおすすめ♪

・フェイスマッサージを取り入れる

メイクではありませんが、フェイスマッサージも取り入れてみて!!幸薄顔の人は、血色が悪い人が多いようです。フェイスマッサージでお肌の血色を良くすれば、お顔全体が華やかになりますよ。

これでハッピーオーラメイクの完成☆明るい印象で、みんなの視線を釘付けにしちゃおっ♪