誰もが羨むお肌を目指せ!!もちもちマシュマロ肌の作り方♪


洗顔

赤ちゃんのようなマシュマロ肌って、女子の憧れ。しかも、人が若さを判断するときの80%が、お肌の艶や綺麗さを見ているのだとか!!やっぱり美肌でいることは大切!!マシュマロ肌の作り方、教えちゃいます♪

◆マシュマロ肌になるために大事なのは洗顔でした!!

ニキビひとつない赤ちゃん肌になるために一番重要なのは、ズバリ洗顔!自分の今の肌状態を見極めて、洗顔方法も変えていきましょう。

・お肌の分類

肌の脂分量・水分量で、脂性肌、普通肌(混合肌)、乾燥肌、超乾燥肌の4つの「肌質」に分けることができます。その上に肌が敏感か、不安定か、疾患か、健康かといった「肌状態」を診ることで肌タイプが分かるのです。

◆お肌別の洗顔法

・普通肌

*水分量は多めで、皮脂量が普通もしくは少ない肌タイプ
*肌全体のキメが細かく潤いや弾力もあり、普段から肌トラブルが起こりにくい

【洗顔法】
普通肌の人は特に気をつける点はありませんが、なるべく無添加の石けんを使って、ぬるま湯で洗い流すことを心掛けて。こすらないことがポイント!

・ニキビ肌

名前の通り、ニキビが出来やすい肌のことを、ニキビ肌と言います。敏感肌や脂性肌の人はニキビができやすいようです。このような肌質の人は、しっかりケアをしていてもニキビができやすい傾向にあります。

【洗顔方法】
ニキビの原因菌である、アクネ菌の繁殖を抑えることが最重要!皮脂の分泌を抑えることが大切ですが、必要な皮脂まで除去してはいけないので、洗顔のし過ぎは要注意!!泡で優しく洗い、冷たい水で流してあげると良いでしょう。

・乾燥肌

乾燥肌とは、肌がカサカサして、水分や皮脂が無くなった状態の肌質のこと。水分量が少ないことが特徴で、肌の脂分だけが浮き出てしまうこともあるため、自分は脂性肌であると勘違いしてしまうこともあるのだとか。乾燥しやすい朝は、洗顔後に突っ張ったり、皮が剥けてしまったりすることも…。肌を保湿することで、ある程度改善できます☆

【洗顔方法】
肌に負担の少ない石けんを使うようにしましょう。おすすめはオイル入りや、保湿力の高い石けん!!また、熱いお湯で洗わないこと、ごしごし洗わないことがポイントです。洗顔後の保湿には特に力を入れてください。

・混合肌

Tゾーンはベタつくのに、目元、口のまわりはカサつくという人は、パーツごとのスキンケアが大切です。また、乾燥から肌を守ろうとして、角質部分が厚くなって毛穴が詰まってしまうことも…。注意が必要です。

【洗顔方法】
混合肌は肌のパーツごとに肌質が違うため、オイル配合の石けんで保湿しながら、皮脂を落とすことがポイント!!最初にTゾーンに泡を置き、そこから全体を洗顔してあげましょう。化粧水は保湿力の高いものを選んで。

・脂性肌

何らかの原因で、皮脂の分泌が過剰になっている肌のことを言います。一方で、お肌の水分量30%以下の肌を「乾燥肌」と言いますが、脂性肌でも乾燥しているケースがあるそうです。こういったケースを最近では特に「脂性乾燥肌(オイリードライ肌)」と言ったりするのだとか。長年、脂性肌に悩んでいる方の中には、この「乾燥」が見落とされている場合があるので、要注意!!

【洗顔方法】
皮脂を落とそうと洗顔浄の強い石けんでゴシゴシ洗うのはNG。必要な分の皮脂まで落としてしまう原因となってしまいます…。ヤシ油などの適度に皮脂を落としてくれる石けんを使うと良いでしょう。

◆洗顔後の保湿

保湿は、季節を問わず重要です。高価な化粧水でなくて良いので、たっぷりと化粧水を使ってパックしてあげてください。コットンやマスクに化粧水を浸せば、あっという間にパックのできあがり☆

これで、お肌のお悩みとオサラバ!どんなにお化粧を頑張っていても、その土台であるお肌がボロボロだったら台無しですよね…。今日から洗顔法を見直してみて♪