夏の“可愛い”をお手伝いしてくれた浴衣に感謝の気持ちを込めて…正しいお手入れをして、来年も綺麗に着こなそう


浴衣

夏と言えば浴衣!!浴衣でデートしたり、花火を見たり…たくさんの素的な思い出を浴衣は作ってくれます。そんな浴衣ですが、あなたはちゃんとお手入れできていますか?特にお気に入りのものであれば、また来年も着たいですよね!それには、きちんとしたお手入れが欠かせません。浴衣に感謝の気持ちを込めて、正しいお手入れをしてあげましょう♪

◆浴衣を脱いだらどうする?

お家に着いて浴衣を脱ぐと思いますが、その後どうしていますか?まだ、1、2回しか着ていなくて、近いうちにまた着る予定がある場合は、お洗濯はしなくてOK!だからと言って、そのまま置いておけばいいと言うわけではありません。汗などが付いているので、風通しの良い部屋で、しっかり陰干しをしてあげましょう。ただ、汚れが酷いときは、お洗濯したほうが良いかもしれません。

◆洗濯方法(自宅でお洗濯をするとき)

・シミを落とす

シミ・汚れは、まずは水で拭いてみてください。水だけで落ちるようなら洗剤などはなるべく使わないようにしましょう。水orぬるま湯を脱脂綿やガーゼなどに含ませ、それを叩くなどして様子を見ます。また、液体上のものをこぼした時などは、ハンカチorティッシュペーパーで、そっと上から押さえて吸い取ってください。強く押さえると、繊維に染み込むので逆効果!!絶対に強くこすらないで!!

・オススメは手洗い

お家でのお洗濯を始める前に、家庭で洗える浴衣かどうかを確認する必要があります。洗濯表示を見て確認しましょう。お家でお洗濯できる浴衣は、以下の方法で洗ってあげましょう。

①洗面台や洗面器に水を張り、少量のおしゃれ着用洗剤を入れる。
②きちんとたたんだ浴衣を①に浸け、約30分置く。
③全体を押し洗いする。
④衿や袖口など汚れやすい所や、シミなどの汚れ部分は直接洗剤を付け、揉み洗いする。
 (強く揉みすぎるとゆ浴衣が傷むので、取れない場合はクリーニングに出して!)
⑤水を取り替え、しっかりすすぐ。
⑥きちんと畳んだまま洗濯ネットに入れ、洗濯機で1分、弱脱水する。
(脱水する前に糊付けしておくと、乾いた時にシワになりにくのだとか!来シーズンまで着用予定が無い場合は、カビの原因になるので糊付けは控えて!!)

◆浴衣を乾かす

形崩れを避けるため、物干し竿に両袖を通し、広げて陰干しにするのがベスト!!ですが、高さも幅も必要なため、そんなに場所がないという場合は、物干し竿に2つ折りになるように掛けて干してもOKです。袖がずれる場合は洗濯ばさみで留めると良いでしょう。その他にも、和装ハンガーを使う方法もあります。

◆アイロンをかける

軽いシワの場合はアイロンがけは不要ですが、そうでない場合はアイロンで綺麗にしましょう。衿芯のあるものは予め抜き、洗濯表示で必ずアイロンがけの温度を確認してから、ドライでかけます。特に化学繊維のものは注意してください!!そして必ずあて布をして、テカリを防止しましょう。

◆帯や肌着も忘れずにお手入れを

帯や肌着も忘れないで!肌着はそのまま洗濯機にポイして大丈夫ですが、帯は汚れが無かったら浴衣のように陰干しして、湿気を取ってあげてください。アイロンのかけ方も浴衣と同様、シワがある部分にあて布を当てながらアイロンを!!

あとは、アイロンの熱が冷めたら、畳んで綺麗にしまいましょう☆

これで、浴衣のお手入れは完璧!!きちんとお手入れして、来年も可愛く着こなしちゃいましょう♪