「フェイスパウダー」ちゃんと使えてますか??化粧崩れを防ぐ大事なポイント


フェイスパウダー

皆さんはベースメイクの仕上げに、フェイスパウダーを使っていますか??「使っているけど何の効果があるのかよく分からない…」「とりあえずポンポンしてるだけ」なんて人、意外と多いと思います。ですが、フェイスパウダーこそ、化粧崩れを防いでくれる大事なアイテムなのです。そこで今回は、フェイスパウダーを効果的に使う方法についてご紹介します。

■フェイスパウダーは大きく分けて2種類

フェイスパウダーには、毛穴を隠す、化粧持ちが良くなる、ファンデーションのヨレを防ぐ、といったメリットがあります。種類は大きく分けて以下の2種類。

【ルースパウダー】
○粉状でサラサラしている
○リキッドファンデーションを使用した際に使う
○パフでつける
○乾燥肌の人におすすめ

【プレストパウダー】
○固形状でカバー力が高く、パウダーファンデーションに近い
○毛穴をしっかり隠したい時や、化粧直しの時に使う
○ブラシかスポンジでつける

■フェイスパウダーの上手な使い方

フェイスパウダーを使う時に注意したいのは、ムラなく塗ること。パフを使う場合はしっかり揉み込み、ブラシを使う場合は余分な粉を落としてから使うようにしましょう。

塗る際、パタパタと叩く人が結構多いのですが、力を加えずにゆっくり押さえる方が上手に塗れます。

■ワンランク上のフェイスパウダー使いこなし術

フェイスパウダーを使うのは、ファンデーションの後。ベースメイクの仕上げとして使用するのが最も基本的な使い方です。
しかし、ここでは仕上げ以外に使うテクニックをご紹介します。

◆下地の後に軽く乗せて化粧崩れを防ぐ

プロのメイクさんがおすすめする方法が、ファンデーションの前にフェイスパウダー(ルースパウダー)をさっと塗ること。化粧崩れの主な原因は、下地がきちんと乾く前にファンデーションを塗ってしまうことがほとんどです。下地を塗ったら顔全体にフェイスパウダーをのせ、ファンデーションのヨレを防ぎましょう。特にTゾーンに使うと、皮脂崩れを防いでくれます。

◆ファンデーションの代わりに使って流行の薄付きメイクに

できるだけナチュラルメイクにしたいという人は、ファンデーションではなくフェイスパウダー(プレストパウダー)をカバーの基本にしてしまうことをおすすめします。フェイスパウダーの方がファンデーションよりも油分が少ないので、薄付きに仕上げることができます。

フェイスパウダーを顏全体に塗り、シミやソバカスなどのどうしてもカバーしきれなかった所だけ、後からファンデーションを重ねて塗ると、キレイに仕上がります。

いかがでしたか?
今までのメイクに物足りなさを感じていた人は、ぜひフェイスパウダーの使い方を変えてみてください♪