温泉ソムリエ直伝!温泉に入る時に守って欲しいマナー


温泉

皆さんは温泉に行った時、マナーの悪い人を見かけたことはありますか??「せっかく癒しを求めて行ったのに、ストレスが溜まってしまった」なんてことになったら嫌ですよね。同様に、自分の行動が気付かぬうちに他人を不快な気分にさせてしまっている可能性もあります。そこで今回は、温泉ソムリエに聞いた「温泉で守るべきマナー」についてご紹介します。

■公共の場であることを忘れない!

温泉は自宅のお風呂とは違い、様々な人と一緒に入るものです。お互いがマナーを守って利用しなければ、快適な空間ではなくなってしまいます。とはいえ、温泉マナーは堅苦しいものではありません。「自分がされて嫌なことはしない」をモットーに利用すればいいだけなのです。

◆周囲の方にシャワーがかからないようにする

自分では気づかないことが多いのですが、他人にかけられると気になったりします。

◆マイ桶やシャンプーなどで洗い場を独占しない

次に利用したい人が待っていることもあります。大抵の温泉は中に荷物を置ける棚があるので、そこに置きましょう。

◆使った桶、ボディソープ等の備品はきちんと元に戻す

従業員が頻繁に出入りしていてすぐに直してくれるということはあまりありません。自分で使ったものは自分で戻しましょう。

◆入浴前はしっかり「かけ湯」をして、体の汚れを落とす

かけ湯には温泉の泉質と温度に体を慣らすという大切な意味もあります。

◆タオルは浴槽につけない

衛生上の配慮です。また、未使用のタオルであっても、他の方にはそれがわからないので不快感を持たれてしまいます。

◆脱衣場を濡らさない

体を濡らしたまま脱衣場に入って、バスタオルで体を拭くのは典型的なマナー違反です。浴室で、持ち込んだ小さいタオルを使用して体をしっかり拭いてから出ましょう。また、体に皮膜として残った温泉成分をバスタオルで完全に拭ききってしまうのはもったいないという考えもあります。

◆大騒ぎは控える

友達や家族と温泉を楽しむのは良いことですが、周りの方に迷惑をかけるほどの大騒ぎはやめましょう。中には、誰とも話さないでじっくり温泉を楽しみたいという人もいます。

◆写真を撮るなら許可を取る

基本的に人が入っている温泉で写真を撮るのは盗撮の疑いなどがあるため、好ましい行為ではありません。絶景温泉などでどうしても写真を取りたい場合は、たとえ景色しか撮っていなくても、他の人に声をかけましょう。(あくまで撮影が許可されている温泉のみです)

いかがでしたか?
マナーを守って、気持ちよく温泉を利用してくださいね♪