STOP老化!!正しいシャンプー法で髪の毛の老化を防ごう

シャンプー

カラーリングにパーマやアイロン。おまけに夏は紫外線を浴びて、女子の髪の毛というのは何かとダメージを受けやすいもの…。どんなにトリートメントなどでケアしたって、シャンプーの方法が間違えていれば、ダメージなんて治りっこありません!!そこで、今回は正しいシャンプー法をご紹介します。この記事を参考に、ダメージによって老けてしまう髪の毛を、蘇らせちゃいましょう☆

◆髪の毛はぬるま湯で優しく濡らす

熱すぎるお湯は頭皮の乾燥の原因となり、皮脂の過剰分泌につながるので要注意。シャワーの下に頭を差し出して、手を使い、髪の毛にお湯を含ませるような感じで濡らしましょう。洗髪は38℃前後の「ちょっとぬるいかな」と感じる温度がベスト!

◆指の腹で頭皮を動かすように洗う

乱暴にこすって洗うのはNG!!髪を洗うのではなくて「頭皮を洗う」というイメージで洗うことが重要です。適量のシャンプーをよく泡立たせて、頭皮を上下に動かしてマッサージするように洗うと良いでしょう。

◆すすぎはシャンプーの時間よりも長く

ロングヘアの人は特にすすぎ残しが多いので、意識してすすぎを行ってください。ポイントは指で掻き分けながら徹底的に流すこと。シャンプーの成分が地肌に残ってしまっていると、頭皮のかぶれ、毛穴詰まり、抜け毛を引き起こす原因に…。

◆コンディショナーは、なるべく地肌につけない

コンディショナーは地肌に刺激を与えてしまうこともあるので、なるべく地肌につけずに毛先を集中補修するように心掛けて!また、コンディショナーが髪の毛に少し残っている方が良いというのは間違い。しっかりすすがないと、頭皮が傷んだり、ベタついたりしてしまいます。

◆必ず髪の毛は乾かす

濡れたまま寝ることで髪の毛は傷んでしまいます。面倒でも頑張ってドライヤーをしてあげてください。ドライヤーで乾かす前にタオルドライをすると、ドライヤーも時間を短縮できますし、髪へのダメージを減らすことができます。髪の毛から水がしたたり落ちなくなるまで拭いてあげましょう。体を拭く前か、別の乾いたタオルを使うことが重要!!ドライヤーは頭に風を入れるつもりで、頭皮と根元10㎝くらいまでを乾かすイメージで行うと良いでしょう。乾かさないでいると、嫌な臭いの原因となってします。

たったこれだけで、髪の毛の老化を防ぐことができるんです。やはり髪の毛は女の命!!しっかりとしたケアで、あなたも美髪をGETしましょう☆