気になるアイメイク・・・目が別人のように見えるテクニックとは?

アイメイク

メイクをする上で一番力を入れたい場所といえばアイメイクでしょう。
アイメイクを頑張るだけでまるで別人のようになる事ができます。
それは最近よく見る半顔メイクなどでも証明済みでしょう。

そんなアイメイクに決まった順番というのはありません。
オススメされる順番はあっても、こうでなければいけないという順番はなく、人によってかなり変わってきます。
意見が一致するのはまつ毛が最後という位でしょうか。

そして、その一つずつに小さなテクニックがあります。
まずはアイシャドウですが、これは色が複数あるものがお勧めです。
淡いベースになる色を広い面に塗った後に、まつ毛のそばに濃い色を置くようにしましょう。
そしてもう一つのおすすめが白いアイシャドウです。
これを下まぶたに塗る事により、涙袋を強調し、デカ目効果を得る事ができます。
むつかしいテクニックも必要ないのに、しっかりとした効果を得られますが、塗り過ぎは禁物です。

そして、大事なのはアイラインです。
アイラインを引くのが苦手だという人も多いでしょう。
その場合はペンシルやリキッドなど色々試してみましょう。
人が使いやすいと言った物が、自分の使いやすい物とは限りません。
合った物を見つけるだけで、メイクがグッと楽しくなります。

引き方のコツは、一度でひこうとは思わない事です。
何度かに分けて引く事で、失敗する事が減り綺麗に描けます。
リキッドタイプは目尻に綺麗なハネができるように引くと更に目が大きく綺麗に見えます。

そして、ビューラー、マスカラ、つけまつ毛と仕上げていきます。
マスカラは自分のまつ毛とつけまつ毛が自然に馴染むようにコートする程度がお勧めです。
そして、つけまつ毛は慣れないうち程、指で付けるのがお勧めです。
その方が失敗が少ないです。
そしてつけた後にもう一度アイラインを補正する事で、より綺麗な目に仕上がります。

メイクに加え、カラコンを使用する事で更に別人に仕上がります。