お肌のお手入れは“タイミング”が重要だった!?28日で美肌になる4つのプロセス


美肌

あなたは自分のお肌の状態、きちんと把握できていますか?生理周期や季節によって、お肌は変化します。そのタイミングを見落とさないようにスキンケアをしてあげれば、肌トラブルを未然に防ぐことができますし、さらに綺麗なお肌を手にすることができます。日々のスキンケアを見直してみましょう!!

◆乾燥しやすい期(生理開始1~7日


生理開始5日間は、卵胞ホルモンの低下で肌が乾燥し、肌トラブルが起こりやすい時期です。この時期、お肌への影響が強いケアは禁物。また、体温も下がる時期なので、体を温めることも忘れずに!おすすめは生姜ドリンク。コップにすりおろしたリンゴ・生姜と、はちみつをお湯で割るだけ♪お好みでレモンを入れてもOK!!

◆キラキラ期(生理開始8~15日)

キラキラ期は潤いの女性ホルモン“エストロゲン”の分泌がピークになる時期で、お肌の水分量が多く、最も良い状態です。この時期に新しい化粧品を試したり、ピーリングや顔剃りを行ったりすると良いでしょう。

◆ニュートラル期(生理開始16~21日)

この時期は排卵期で、プロゲステロンの分泌が徐々に高まっていきます。肌の内側が乾燥しやすいので丁寧な保湿を心掛け、次の黄体期にできやすくなる吹き出物などを予防するケアをしてあげましょう。また、ビタミンを摂取したり、顔やデコルテをマッサージして老廃物を流したりするのも効果的!

◆のんびり期(生理開始22~28日)

のんびり期は生理前の黄体期にあたります。PMSなどの症状が出やすい時期で、体はむくみやすく、肌もオイリーになりがち…。過剰なスキンケアは避け、基本的なスキンケアを丁寧に行い、ビタミンやミネラルを多く摂ることを心掛けましょう。

4つのプロセスをしっかり理解して、その時期に合ったスキンケアをすることが重要です。生理周期と上手に付き合って、綺麗なお肌を保っていきましょう♪