【好きな男性のタイプは犬派?猫派?】愛くるしい表情豊かな『犬系男子』の特徴

犬系男子

好きな動物の話の中で、「犬派」か「猫派」かといった議論を一度はしたことがあるのではないでしょうか。最近では、その派生から好きな異性のタイプに関しても、「犬系男子」「猫系男子」といったように、犬や猫のような特徴を持った男性をタイプ分けすることが流行っています。今回は、「犬系男子」と呼ばれる男性の特徴と、効果的なアプローチ方法をご紹介します。

■甘えん坊な犬系男子の特徴

○アウトドア派
○やんちゃで無邪気
○人と接するのが好き・得意
○ボディタッチを好む
○マメで忠実な性格
○素直に感情を表現する
○彼女に尽くしやすい

犬を飼ったことがある人は分かると思いますが、犬系男子はまさしく彼女だけに忠実で、とても甘えん坊です。彼女に触れること、抱きつくこと、彼女に褒めてもらうことが大好きなのです。自分の苦労もいとわず、「彼女が喜ぶこと」をなんでもしてくれます。

一方で、全てを彼女に合わせてしまう性格のため、「彼の好みに合わせたい」「彼に引っ張っていってもらいたい」という女性の場合は、少し物足りなさを感じるかもしれません。

■犬系男子との上手な付き合い方

◆素直な感情表現を受け止めてあげる

犬系男子の彼が「嬉しい」「楽しい」「寂しい」「つらい」といった感情を表現してきたら、きちんと受け止めてあげましょう。そうすることで、彼はますます心を許すようになっていきます。

◆良いことしたら褒める

犬と同様なのですが、犬系男子は褒められて伸びるタイプ。「仕事を頑張った!」という報告をしてきたり、「彼女のために尽くした」といった出来事があったら、その都度、大げさなくらい褒めてあげましょう。犬系男子は、褒められれば褒められるほど、もっと尽そうと思ってくれます。

◆決定権を女性側が持つ

犬は従順で素直な生き物なので、ご主人様の指示に従います。犬系男子も同様に、女性にリードしてもらいたいと思っています。デートの場所や食事の店を決める際には、「何でもいいよ」と丸投げするのではなく、彼の好みも取りいれつつ、女性側が決めてあげましょう。

◆どんなに忠実な犬系男子も油断は禁物

犬が持つ特徴として「周囲の人の序列を決める」というものがあります。犬を飼っている家族の中でも、お父さんの言うことは聞くのにお母さんや子どもの言うことはさっぱり…ということがありますよね。それと同様に、彼とどんなに親しくなっても、彼の中で一番の存在になれなければ、尽してもらえません。

犬系男子と付き合うことになったら、彼が「忠実でいたい」と思えるだけの魅力を持った彼女であることを常に意識しましょう。彼なら「いつでも何でも望みを叶えてくれる」「どんな私でも好きでいてくれる」といった油断や慢心を持ってしまうと、さすがの犬系男子も愛想を尽かしてしまいます。

犬系男子といっても本物の犬ではなく、人間であり、立派な男性なのです。決して見下したりせず、適度にかわいがり、甘えさせてあげながらお付き合いしていってくださいね。